あなたにとっての「運命のアート」を教えてくれるサービス

サンフランシスコ近代美術館が、なんとも便利でロマンチックな試みを開始した。

「Send Me SFMOMA」というこのプロジェクトは、SMSで「○○を送って」とテキストを送ると、収蔵品の中からそれに合ったアートをひとつだけ選んで見せてくれる新感覚サービス。キーワードや色、さらには絵文字にまで反応するそうで、その新鮮さが話題になっているのだ。

知識も時間も必要ナシ!
直感的にアートと出会う

49ad11ca1d2eaa5d5130f57fcd2f0b8d1fa8cda3

使い方は極めてカンタン。美術館の電話番号にSMSを送ると、数秒で画像や年代、アーティスト名などが送られてくる。ちなみに、上でリクエストしたのは「sunshine」。

根っからのアート好きにはもちろん、「美術館に行きたいけれど、きっかけがない」とか「時間も知識もないけど、ちょっとアートに触れてみたい」って人にもかなり嬉しいツール。お気に入りの絵文字とか、色々試してみたいかも。

6b30062a12c125e0e84a1d0b9071c02dd0d969ac

34,678個のアートから
たったひとつをピックアップ

3e521d12b679c6b4cb45c21b95bcbb5e09e668e0

研究によれば、美術館を訪れた人が1つの作品を見るのに費やす時間は平均7秒。それでどうして「鑑賞」したと言えるのでしょう?しかも、このミュージアムの全ての作品は34,678個。7秒ずつ見るとしたら、一睡もせず見て周り続けても3日近くかかかるのです。

と、運営元。

彼らだって、なにもこの膨大な美術作品を「全部見てほしい!」なんて願望はないわけで。しっかり味わって、自分だけの出会いを見つけてほしい。そんな思いでこのプロジェクトをスタートさせたのだそう。

もちろん一種類の送信内容でもたくさんの結果があるのだけど、送られてくるのはその中から選ばれたひとつだけ。これはもう「運命の出会い」といっても過言じゃない。

55b6a10290ca69b83aa50977d5c8293c223e9d74

なんとなく愛着が湧いて、送られてきたものを見るために足を運ぶことがあるかもしれません。その時、その作品にとってあなたは「特別な存在」なのです。数多の作品の中でそれを楽しみに来た人は、ひょっとしたらあなた一人かもしれないのですから。

このサービス、現在はまだアメリカ限定とのことだけど、今後範囲を広げていくそうなのでこうご期待。日本の美術館でもやってくれたら、楽しみが増えそうだ。実際のサービス利用イメージは以下の動画で。

SFMOMAさん(@sfmoma)がシェアした投稿 -

Licensed material used with permission by SFMOMA
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...