コンピュータのほうがずっと、私たちが求める「アート」を知っているのかもしれない。

「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」

ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるアーティストのNicole Heさんは、ふとした疑問から、こんなアートを始めました。 

MacBookと
女子大生ニコルのコラボ作品

彼女のプロジェクト内容は、次の通り。

・コンピュータが、インターネット上に溢れる情報を収集して「その日一番ホットなアート」を指示する。
・それに従って、ニコルが作品をつくる。
プログラミングは、ニコルが行いました。さて、どんなアートが出来上がったのでしょう。4つピックアップしました。

01.

2017/03/25 PM 05:52

こんにちは、人間たち。今日はしとしと雨が降っているね。世界情勢から、今日にピッタリなアートを算出したよ。

アートNo.1490478746
「社会問題に疑問を投げかけるニンジンを作りなさい」

ニンジンに書いてあるのは

「ハチが驚くべき速さで減っている」

ミツバチの減少によって植物が受粉できなくなり、農作物が減ってしまうという社会問題に対するメッセージです。

02.

2017/03/23 AM 11:01

おはよう、人間たち。人生、なるようになるよ。今日この時にふさわしいアートを算定した。

アートNo.1490281305
「真っ黒な『無限』を思い出させてくれるフライパンを作りなさい」

03.

2017/03/30 PM 08:28

やぁ、人間たち。ロジックなんかじゃなくって、僕のイマジネーションを頼ってみてよ。今日のアートはこれだ。

アートNo.1490920092
「浪費を表現したイヤリングを着けなさい」

04.

2017/03/06 PM 07:49

こんばんは、人間たち。曇った夜だね。今の世界に一番のアートを決定した。

アートNo.1488937743
「曲がったブナの木を想起させる、トイレットペーパーの芯をデザインしなさい」

コンピュータのほうが
人間が好きな芸術を
知ってるんじゃないかしら?

人間はアートを生み出すとき、しばしば外部環境からインスピレーションを受けます。戦争や環境問題のような大きなものから、天気が悪くて憂うつだった、というような小さなことまで。

それを、コンピュータのアルゴリズムで再現できないか?むしろデータ収集力に秀でているから、より世間のニーズに一致したものができるんじゃないのか?というアイデアから、今回のプロジェクトが実施されたのでした。

Nicoleさんは、話題のツイートやニュースから情報を集めて「今日作るべきアート」の指示が出されるよう、プログラミングを組んだのだそう。

「コンピュータは、人間にできないことができる。だから彼らはもしかしたら、私たちが求めるアートを、私たち人間よりも知っているんじゃないかなって思ったの」

彼女のWEBサイト「The Best Art」に行くと、他の作品も楽しめますよ。

Licensed material used with permission by Nicole He