コンピュータのほうがずっと、私たちが求める「アート」を知っているのかもしれない。

「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」

ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるアーティストのNicole Heさんは、ふとした疑問から、こんなアートを始めました。 

MacBookと
女子大生ニコルのコラボ作品

彼女のプロジェクト内容は、次の通り。

・コンピュータが、インターネット上に溢れる情報を収集して「その日一番ホットなアート」を指示する。
・それに従って、ニコルが作品をつくる。
プログラミングは、ニコルが行いました。さて、どんなアートが出来上がったのでしょう。4つピックアップしました。

01.

2017/03/25 PM 05:52

こんにちは、人間たち。今日はしとしと雨が降っているね。世界情勢から、今日にピッタリなアートを算出したよ。

アートNo.1490478746
「社会問題に疑問を投げかけるニンジンを作りなさい」

ニンジンに書いてあるのは

「ハチが驚くべき速さで減っている」

ミツバチの減少によって植物が受粉できなくなり、農作物が減ってしまうという社会問題に対するメッセージです。

02.

2017/03/23 AM 11:01

おはよう、人間たち。人生、なるようになるよ。今日この時にふさわしいアートを算定した。

アートNo.1490281305
「真っ黒な『無限』を思い出させてくれるフライパンを作りなさい」

03.

2017/03/30 PM 08:28

やぁ、人間たち。ロジックなんかじゃなくって、僕のイマジネーションを頼ってみてよ。今日のアートはこれだ。

アートNo.1490920092
「浪費を表現したイヤリングを着けなさい」

04.

2017/03/06 PM 07:49

こんばんは、人間たち。曇った夜だね。今の世界に一番のアートを決定した。

アートNo.1488937743
「曲がったブナの木を想起させる、トイレットペーパーの芯をデザインしなさい」

コンピュータのほうが
人間が好きな芸術を
知ってるんじゃないかしら?

人間はアートを生み出すとき、しばしば外部環境からインスピレーションを受けます。戦争や環境問題のような大きなものから、天気が悪くて憂うつだった、というような小さなことまで。

それを、コンピュータのアルゴリズムで再現できないか?むしろデータ収集力に秀でているから、より世間のニーズに一致したものができるんじゃないのか?というアイデアから、今回のプロジェクトが実施されたのでした。

Nicoleさんは、話題のツイートやニュースから情報を集めて「今日作るべきアート」の指示が出されるよう、プログラミングを組んだのだそう。

「コンピュータは、人間にできないことができる。だから彼らはもしかしたら、私たちが求めるアートを、私たち人間よりも知っているんじゃないかなって思ったの」

彼女のホームページ「The Best Art」に行くと、他の作品も楽しめますよ。

Licensed material used with permission by Nicole He
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
最新のテクノロジーを駆使してデザインされたスツール。ユーザーの身長や体重、体型などを考慮して最適なカタチに仕上げたのだとか。
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
乳首をモチーフにしたブローチなどを販売している「Pretty Ugly」。以前、Free the Nippleというムーブメントが盛んだった頃に注目されま...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...