志望大学からの「不合格通知」をアート作品にした女子高生

高校3年生の子どもを育てているルイーザさんが、何気なくある画像をSNSに投稿したところ、15万を超えるいいねがつき、まさかの展開に……。

一見、人気作家の絵画作品かな?と思いきや、じつは大学受験中である彼女の娘が、オックスフォード大学から届いた不合格通知を用いてつくったものでした。

残念な結果から生まれた希望のアート

「昨日、仕事から戻ったら、娘がオックスフォード大学から送られてきた不合格通知でこんなものをつくっていた」

娘のクラウディアさんは、高校で美術、哲学、ラテン語などを学んでおり、オックスフォード大学の古典コースに進学を申し込んでいました。絵に貼られた細切れの文章を読むと、色との組み合わせが読んだ時の感情を表しているようにも見えます。

 

「これを見た時、クールだなと思いつつ、笑ってしまいました。それでつい投稿したのですが、まさかこんなに多くの人に注目されるとは思わず、本当に驚きました。おかしな一週間でした」

 

有名大学から進学の提案が

投稿には、“ファインアートの才能があるよ”、“オックスフォード大学は惜しいことをしたね。”、などの好意的なコメントが数多く寄せられています。

そのほか、ケンブリッジ大学やオックスフォード大学に次ぐ歴史のあるダラム大学から、進学を提案する連絡も。クラウディアさんは、ダラム大学への進学を検討することに。

 

「これは、ソーシャルメディアの素敵な一面だと思います。みなさんとても親切でした。他の学生も面白がっていたようです。だからこそ、これだけ話題になったのでしょうね」

 

Licensed material used with permission by flamboyant_aesthete
「ちょっとだけ感動する話」をまとめました
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
この女子高性たち、何か秘密があるのだそうです。なんだと思いますか?12人いるようですが、どこからどう見てもふつうの女子高生。キュートな。ふつうの。女子高生...
「ゼブラ」は、商品開発という社会体験の機会を学生に提供することと、筆記具のメインユーザーである現役学生の声を知るためにおこなっている「トキワ松学園」の高校...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...