「自然であること」にどうして「校則」を押し付けられるの?女子高生の生の声がファッションに。

高校では、校則が絶対に正しく、私たちはそれに従うものだと指導され、それに対して何の違和感も感じずに生活してきました。

そう口を開いた彼女らは、現役の女子高生。理不尽なまでに厳しい自分たちの学校の規則について、「FEELING NOTHING」と名付けたファッションブランドを立ち上げて異議を唱える活動をしている

自然であることにまで
「規則」を強いられる違和感

"Rures exist to silence us."

"規則は私たちを黙らせるためにある"

私の学校では、「授業中にトイレすら行けない」「地毛にもかかわらず、それを証明するために書類を提出しなければならない」などといったことが当然のように行われています。だんだんと、自然に起きる現象に対して強制されることに、疑問を抱きはじめました。

私は勇気をだして抗議しようとしました。しかし、「校長先生がお決めになられた規則だから」と話すら聞いてもらえませんでした。

と、彼女たちは続ける。このほかにも、コンテストへの参加など、生徒が自らの夢のために学外で行う取り組みまで、「賞金が出るとお金稼ぎになるから」と規制されることも。

「おかしい」と思ったのに、真正面からでは声を上げることも許されない。そこで選んだ手段は「服」だった。

実在する校則の文章や、それに対する思いをあえて「かわいく」「面白く」洋服に落とし込んでいく。

「問題提起×ファッション」
入り口は親しみやすく

"Don't bring anything expect textbooks and lunchboxes."

"教科書とお弁当箱以外は、何一つ持ってきちゃいけない"

入り口は「こんなのあるんだ」とか、「かわいい」という反応で良いなと思っています。それで何か少しでも、考えるきっかけや、こういう活動をしている人がいる、ということを知る契機になってくれれば。

校則をなくせ、なんて無秩序を求めているわけではない。規則は本来なら人間がより良く生きられるようにするために存在しているはずで、「必要なルールと、不必要な縛り付けは違うのではないか」という違和感。それについてひとりでも多くの人に考えて欲しい。そのために、ファッションという入り口を用意する。それが彼女たちのアイデアだった。

"若気の至り"と切り捨てる?

いちからデザインするにあたって、自分が服を通して何を伝えたいのかを毎日毎日考えました。正解はありません。

ただみなさん一人一人に、一枚一枚の服がどういったことを伝えようとしているのかを考え、そして模索し、何か行動を起こしてほしいという願いを込めて作りました。

クラウドファンディングでの資金集めもまだまだ。問題提起をしたって、その検証や、具体的にどうしていくのかも模索中。そんな手探りの状態での取り組みは、「若さあってこその勢い」というべきか、非常に危なっかしい印象すら受ける。

でも誰が正しいことを言っているのか、そもそも正しいことって何なのか。彼女らの取り組みで、「誰も声をあげなかった場合」には見つめられることのなかった「何か」は確実に生まれてくるんじゃないだろうか。

この動き、「この年頃って反抗したくなるよね」と、軽く切り捨てられるものでもない、のかも…?

Licensed material used with permission by FEELING NOTHING

関連する記事

「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
「ゼブラ」は、商品開発という社会体験の機会を学生に提供することと、筆記具のメインユーザーである現役学生の声を知るためにおこなっている「トキワ松学園」の高校...
パンテーンが手がけるキャンペーン「#この髪どうしてダメですか」。個性をつぶしてしまう可能性のある髪型についての日本の校則。一人ひとりが本音を打ち明けながら...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
この女子高性たち、何か秘密があるのだそうです。なんだと思いますか?12人いるようですが、どこからどう見てもふつうの女子高生。キュートな。ふつうの。女子高生...
クラウドソーシングとクラウドファンディングが連携した、まったく新しいプロジェクトをご紹介。なんでも、両者を掛け合わせることで痴漢被害の減少に取り組もうとい...
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
卒業アルバムは一生の宝物。読み返してみると、当時自分が残した言葉や友達からのメッセージが本当に懐かしい。そこに記す言葉は一生残るからこそ、たくさんの思いを...
ある日、カリフォルニア州ホリスターにあるSan Benito高校に、女子生徒だけでなく、男子たちもオフショルダーを着て登校しました。学校への抗議の意味もあ...
エコフレンドリーな製品を手がける「Pela」が、廃棄物を肥料に変えるコンポストマシン「Lomi」の販売をクラウドファンディングサイト「Indiegogo」...
門出の季節にぜひ見て欲しい動画を紹介します。じつはこれ、今からちょうど一年前、全米で話題と感動をさらった女子高生の物語。卒業パーティーのはずがなぜか爆買い...
いま、スペインで飛ぶように売れている、肉なし「ハモン・セラーノ」。スペインのスタートアップ企業「Rollito Vegano」が、ヴィーガン仕様の生ハム「...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
Instagram発、タイのファッションブランド「Daddy And The Muscle Academy」が「ラフォーレ原宿」にてポップアップストアを展...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
今週22日(月)から“希少なコーヒー生豆”と“一流の焙煎士”を自由に組み合わせて注文できるアプリ「CROWD ROASTER」が配信スタート。
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
南アフリカの「Uber」は、同国で就職活動をする学生たちに向けて、面接へ行く際の乗車料を“無料”にする「#GiveTheYouthAChance」キャンペ...
ギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもある鎌田安里紗さん。10代、20代を中心に支持を集める彼女はエシカル・プランナーでもあり、多数のファッシ...
「とってもキレイだね」もしも、突然誰かにこう言われたら、あなたはどんな気持ち?ここに紹介する動画の中に、その答えが隠されています。シカゴの女子高生の社会実...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
ポリ袋に入った乳児の遺体がゴミ捨て場から見つかった、女子高生が自宅のトイレで出産し、生まれたばかりの赤ん坊を窒息死させた…。赤ちゃんの遺棄事件のニュースが...
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。