彼がオフショルダーで登校したのは、「女子を守るため」だった。

ある日、カリフォルニア州ホリスターにあるSan Benito高校に、女子だけでなく、男子生徒たちもオフショルダーを着て登校しました。

誰もが自由に
洋服を着ることができる

「たくさんの女子生徒たちが、オフショルダーを着ていることを理由に、帰宅するようにと先生から言われていたんだ。彼女たちはもちろん、僕たち男子生徒も『理不尽だ』と感じた。べつに、勉強するうえで悪いことは1つもないだろ?」

Andrei(上記画像の男性)は、こう語ってくれました。どうやら、学校はいきなり校則を厳しくしたようで、多くの女子生徒が違反の対象になってしまったんだとか。

この状況に違和感を感じた彼は、友だちを巻き込んで、オフショルダーを着て登校することを決意。

友情に溢れる行動には何人かの友だちが、ありがとう!というコメントと共に写真を載せてツイート。だけど、Andreiの考えはもっと深く、こう続けました。

「このアクションを通して、日々、女性が直面している性差別にも抗議したかったんだ。全ての人の意見が尊重されるべきだし、自由に自己表現ができなければいけないと思う」

もちろん、学校が校則を厳しくしたことには、正当な理由がありました。肌を露出する洋服を着ることは、女子が乱暴を受ける可能性を高めてしまうと懸念したのです。

ただ、今回のAndreiたちの抗議に心が動かされた校長先生は、生徒会との話し合いの場を設け、みんなが納得できるような校則を作ると約束したそうですよ。

Licensed material used with permission by Andrei Vladimirov
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
この記事ではジェンダーの文脈で取り上げられる「ノンバイナリー」について解説していきます。
パンテーンが手がけるキャンペーン「#この髪どうしてダメですか」。個性をつぶしてしまう可能性のある髪型についての日本の校則。一人ひとりが本音を打ち明けながら...
卒業アルバムは一生の宝物。読み返してみると、当時自分が残した言葉や友達からのメッセージが本当に懐かしい。そこに記す言葉は一生残るからこそ、たくさんの思いを...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
先月、スイスのジュネーブ市は市内の横断歩道を示す道路標識の半分を「女性モチーフ」に変更すると発表。これにより500の標識の約半分が女性をデザインしたものに...
8月12日、「NIKE」は契約中の女性アスリートが妊娠した場合に、18ヵ月間は成績ベースの支払いの減額をしないと発表した。事実上、産前・産後の休業を認めた...
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
ショートカットがお似合いのカワイイ女子高校生。同性から見ても、「さぞかし、モテるんだろうなぁ」と、羨ましくなってしまうほどのビジュアルです。ところが、この...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
学校では教えてくれない。ビル・ゲイツが高校生に語った「人生で大切な11のルール」をご紹介。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
頭部や頸部への衝撃から守るために開発されたコンプレッションウェア。
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...