彼がオフショルダーで登校したのは、「女子を守るため」だった。

ある日、カリフォルニア州ホリスターにあるSan Benito高校に、女子だけでなく、男子生徒たちもオフショルダーを着て登校しました。

誰もが自由に
洋服を着ることができる

「たくさんの女子生徒たちが、オフショルダーを着ていることを理由に、帰宅するようにと先生から言われていたんだ。彼女たちはもちろん、僕たち男子生徒も『理不尽だ』と感じた。べつに、勉強するうえで悪いことは1つもないだろ?」

Andrei(上記画像の男性)は、こう語ってくれました。どうやら、学校はいきなり校則を厳しくしたようで、多くの女子生徒が違反の対象になってしまったんだとか。

この状況に違和感を感じた彼は、友だちを巻き込んで、オフショルダーを着て登校することを決意。

友情に溢れる行動には何人かの友だちが、ありがとう!というコメントと共に写真を載せてツイート。だけど、Andreiの考えはもっと深く、こう続けました。

「このアクションを通して、日々、女性が直面している性差別にも抗議したかったんだ。全ての人の意見が尊重されるべきだし、自由に自己表現ができなければいけないと思う」

もちろん、学校が校則を厳しくしたことには、正当な理由がありました。肌を露出する洋服を着ることは、女子が乱暴を受ける可能性を高めてしまうと懸念したのです。

ただ、今回のAndreiたちの抗議に心が動かされた校長先生は、生徒会との話し合いの場を設け、みんなが納得できるような校則を作ると約束したそうですよ。

Licensed material used with permission by Andrei Vladimirov
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
卒業アルバムは一生の宝物。読み返してみると、当時自分が残した言葉や友達からのメッセージが本当に懐かしい。そこに記す言葉は一生残るからこそ、たくさんの思いを...
ショートカットがお似合いのカワイイ女子高校生。同性から見ても、「さぞかし、モテるんだろうなぁ」と、羨ましくなってしまうほどのビジュアルです。ところが、この...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることに...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
学校では数学が苦手だったから、わたしは文系!その定義は間違ってはいませんが、むしろどんな行動パターンや考え方をするかで、あなたが「文系女子」かそうでないか...
「日本人女性は世界でモテる」という噂、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、どうやら日本人女性の『女子力』は先進国でも最低レベルと認識され...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
女性のありのままの美しさを引き出すことを得意とするフォトグラファー・花盛友里さん。そんな彼女の最新作となる写真集『寝起き女子 girls in the m...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...