遅刻したら隣の教室まで行ってわざわざ謝罪……。これ、どこの国?

「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?

ファッションを通して校則について声をあげる高校生と出会い、私は自分自身にこの問いを投げかけ始めました。この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていこうと思います。

今回は、その第二弾。海外の校則についてです。まず、日本との違いを探るため、10代〜30代の5人にインタビューしました。

「確かに日本には無いよね」
と、思うものも

ノルウェーの場合──

しいて言うなら、携帯の使用禁止とかですね。ほとんどの生徒は、守ろうとしていました。そもそも、服装は自由だったり、規則はゆるい方だったと思います。それでも、窮屈に感じていた生徒もいて、中には抗議するために敢えて授業に出ない人もいました。校則は、破ると学校生活の評価に影響しましたね。

 

在学中、校則に対して生徒が何かしらムーブメントを起こすことはありませんでしたが、カフェテリアを運営して無料で朝食を提供するなど、生徒会はけっこうアクティブに活動していました。

インドネシアの場合──

靴は黒で靴下は白じゃないとダメという決まりがあったり、なかなか厳しかったです。さらに言うと、遅刻したら校庭を裸足で歩かなかればいけなかったり、わざわざ他のクラスへ行って「すみません遅れました」と言わなければいけなかったり……。

カナダの場合──

宗教や人種差別に関わる言葉等がデザインされた服は禁止などといったものがありました。それ以外には特になく、個人の判断に任せていたようです。

 

学校側も、「生徒は勉強するために来ているので、服装や髪型等の勉強と関係ない事には関与しない」という考えがあったように思います。

アメリカの場合──

私が通っていたのは、LAの公立高校。特別なことはなかったけど、昼休みは車で出ちゃいけないとかっていうルールがあって。なんかアメリカっぽいですよね。校則として明記されていたかは覚えてないですけど。

 

あと、授業中トイレに行く時はパスが必要で、途中で先生に会うと見せなきゃいけませんでした。部活をやっている生徒は、成績が悪いとチームに残れないというのもありましたね。

スイスの場合──

他人のことを悪く言わない、学校から抜けださない、他国からきた生徒や自分と違う宗教を信じる生徒をうけ入れることなど、あたり前のことしかありませんでした。守れない生徒は、居残りをさせられて反省文を書かされたり、先生から親へ報告がいっていましたね。

 

着る服に関しての決まりごとはありませんでしたこれは、スイス国内のほとんどの学校も同じだと思います。

また、インタビューした人たちに当時を振り返ってもらい、校則について現在どのように感じているかも聞いてみたので紹介します。

比較的、自由度が高い印象のノルウェーと厳しい印象のインドネシアの学校に通っていた2人に、答えてもらいました。

個人的には、ルールや規則はもっとあっても良かったんじゃないかと思っています。「怠けているかどうかの」の境界線ってわかりづらいけど、ノルウェーは決して世界的にみて学業のスコアが高い方じゃないと思いますし。

厳しい校則もだけど、破った時の罰則に関しては、正直変だと感じました。当時は、抗議したり変更を求める声をあげる生徒はいなかったけど、今の生徒たちはもっと積極的に自分の意見を言って、何かしら行動すると思います。

「海外」と聞くと、つい「自由」という言葉が頭をよぎりがち。けれど、全体的な印象としては決して日本だけが厳しいというわけではなさそうです。ただ、海外ではより生徒の個性を尊重している学校もあるなと感じました。日本の一部の学校に比べると、子どもたちは生徒としてはもちろんのこと、人としての尊厳も保たれているように思えました。

この記事を読んだ後、自分が経験してきた校則を振り返ってみてください。その時、もし思うことがあるのなら、その感情と向き合ってみてください。卒業後、どれほど時が経っていてもかまいません。そうすることで、今、実際に声を上げている学生に耳を傾ける第一歩になるかもしれないのですから。

*これまでの校則に関する記事はこちら

Top image: © オザキエミ
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
一度遅刻癖がついてしまうと、なかなか改善することが難しくなりがちかも。そもそも、なぜ遅刻が常習化してしまっているのでしょうか。そこには、様々な理由があるか...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
ある日、カリフォルニア州ホリスターにあるSan Benito高校に、女子生徒だけでなく、男子たちもオフショルダーを着て登校しました。学校への抗議の意味もあ...
卒業しても何年も経っているのに、学校の夢をみることがあるーーこれは多くの大人が経験したことがあるのでは? ここでは、そんな「学校の夢」に秘められた無意識か...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
必ず5分遅れてやってくる。そんな人、周りにいませんか?またはあなた自身はどうでしょう?自身も遅刻魔だというライターのRaven Fon氏が、人が遅刻をする...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...