アメリカの避難訓練――想定しているのは、地震でも火事でもない

避難訓練に見る、お国柄。

写真はアメリカでの非難訓練風景。日本では見慣れないオレンジのマットにくるまる子どもたちは、何から身を守ろうとしているのか?

 

答えは「銃を持った不審者対策」

このマットはアメリカ軍が採用している防弾チョッキと同じ素材を使っており、90%の確率で、銃弾から身を守ることができるとか。

 

真剣な表情で、避難訓練をする生徒たち。それもそのはずだ。学校を狙った銃乱射事件は、アメリカで急増中。

アメリカ人に聞けば「日本の地震ほうが恐ろしい」と言うかもしれない。しかし、地震は天災だ。銃を持った不審者は明らかに人災である。

Reference Facebook

生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
事実を知ったとき、全身に鳥肌が立ちました。わずか2分30秒足らずの短編動画を、単なるラブストーリーと思って見ていると、あなたもその悲劇に気づくことができな...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
その名も「Earthquake Lamp」。世界中で起こる地震に反応し、光を放つ。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
もしあなたが夢の中で地震に遭ったなら、それは「現実世界が揺れ動く」ことの暗示。現在のあなたが好調で満足しているのであれば、突然のトラブルやショックを受ける...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...