銃社会のアメリカが認めた「人を傷つけない防犯用品」

弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。

その機能性はアメリカ中の警察にも評価され、昨年からグッと知名度が上がりました。

こんな感じで、容疑者を捕らえられます。

高速で強度のある糸が発射され、それが胴体や脚に巻きつく仕組み。だから、人を傷つける可能性がとっても低いのです。

もしも多くの人が「BolaWrap 100」を使うようになれば、銃の存在意義がなくなるかもしれません。ゆくゆくは世界から銃が消えるなんてことも……ある!?

Top image: © Wrap Technologies
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...