毎日40人。「謎の伝染病」によって、アメリカ人が殺されている。

今年2月14日のフロリダ州銃乱射事件は、多くの人に衝撃を与えました。

そのため、「#ArmMeWith」というソーシャルムーブメントが起こり、今でもたくさんの人がアメリカの銃社会やNRA(全米ライフル協会)を批判しています。

ここで改めて紹介したいのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した「風刺動画」。

極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレーターが主張している内容にも納得できるかもしれません。

「無意味な銃依存症」
通称:NRAという病について

ヨーロッパのみなさん。

アメリカには、人道主義の危機が迫っています。

今年だけで、24,000人の負傷者、11,000人の死者が出ています。

計算すると、アメリカでは毎日40人がひどい伝染病のために亡くなっています。

それは、Nonsensical Rifle Addiction(NRA)「無意味な銃依存症」です。

NRAは、合法的な病気で、大脳皮質の前頭葉の憲法修正第2条の機能障害によって人を撃ってしまうものです。それを患っている人は、周囲の環境に大きな影響を与えます。

家族やクラスメイト、周囲の人たちは疲労や心配が強いられます。顔を撃たれるんじゃないかという気持ちにもなってしまいます。

NRAは人にうつりすいようです。親から子へ、という伝染の可能性も。

火災のようにアメリカ中に広がるだけで、NRAはどうも海を渡ることはできないようです。カナダの国境でさえも。

NRAを絶滅させるのは難しい、と科学者は推測しているのだとか。症状が最もひどい人たちは、よく田舎や国会のような手の届きにくいところにいるからです。

ここから動画は、後半へと続きます。

アメリカ各地であげられる
「銃規制を求める声」

冒頭でふれた事件から、3月14日でちょうど1ヶ月が経ちました。

ワシントンD.C.やシカゴなどでは多くの高校生がデモを行い、いくつかの学校では17人の犠牲者を追悼するために、授業を17分間ボイコットしたそうです。

Licensed material used with permission by Zondag met Lubach(Npo), (Facebook)
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどの人が、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」と思っていること...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
日本でも有名なキング牧師。2018年は、暗殺された彼の死から50年目に当たります。「Ram Trucks」は彼のスピーチを引用し、トラックの映像を組み合わ...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...