毎日40人。「謎の伝染病」によって、アメリカ人が殺されている。

今年2月14日のフロリダ州銃乱射事件は、多くの人に衝撃を与えました。

そのため、「#ArmMeWith」というソーシャルムーブメントが起こり、今でもたくさんの人がアメリカの銃社会やNRA(全米ライフル協会)を批判しています。

ここで改めて紹介したいのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した「風刺動画」。

極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレーターが主張している内容にも納得できるかもしれません。

「無意味な銃依存症」
通称:NRAという病について

ヨーロッパのみなさん。

アメリカには、人道主義の危機が迫っています。

今年だけで、24,000人の負傷者、11,000人の死者が出ています。

計算すると、アメリカでは毎日40人がひどい伝染病のために亡くなっています。

それは、Nonsensical Rifle Addiction(NRA)「無意味な銃依存症」です。

NRAは、合法的な病気で、大脳皮質の前頭葉の憲法修正第2条の機能障害によって人を撃ってしまうものです。それを患っている人は、周囲の環境に大きな影響を与えます。

家族やクラスメイト、周囲の人たちは疲労や心配が強いられます。顔を撃たれるんじゃないかという気持ちにもなってしまいます。

NRAは人にうつりすいようです。親から子へ、という伝染の可能性も。

火災のようにアメリカ中に広がるだけで、NRAはどうも海を渡ることはできないようです。カナダの国境でさえも。

NRAを絶滅させるのは難しい、と科学者は推測しているのだとか。症状が最もひどい人たちは、よく田舎や国会のような手の届きにくいところにいるからです。

ここから動画は、後半へと続きます。

アメリカ各地であげられる
「銃規制を求める声」

冒頭でふれた事件から、3月14日でちょうど1ヶ月が経ちました。

ワシントンD.C.やシカゴなどでは多くの高校生がデモを行い、いくつかの学校では17人の犠牲者を追悼するために、授業を17分間ボイコットしたそうです。

Licensed material used with permission by Zondag met Lubach(Npo), (Facebook)
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどの人が、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」と思っていること...
アメリカ国務省は、ビザ申請を行う際に「ソーシャルメディアアカウント」の申告を義務化。アメリカに入国するほぼ全ての人が対象です。
アメリカのエアロバイクブランド「Peloton」のCMが炎上した理由を紹介します。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
「NPO法人ミュージックフェスティバル協会」の呼びかけではじまったクラウドファンディング「フェス救済ファンド2020春」。音楽好きたちの支援の輪が広がっている。
今回は3月16日にオープンしたばかりの「Banh mi Tokyo」。バインミー専門店のこちらのお店のパンは米粉100%を使ったグルテンフリー!化学調味料...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
日本でも有名なキング牧師。2018年は、暗殺された彼の死から50年目に当たります。「Ram Trucks」は彼のスピーチを引用し、トラックの映像を組み合わ...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...