実は日々の暮らしに紛れている「もっとも危険な仕事」

以下の動画は、「The Infographics Show」が、「もっとも危険な仕事」というタイトルで制作したもの。警察官やトラックの運転手などが含まれているのは、自分の想像の範囲内といっていい。

ただし、ここで抜粋した2つの職業にも、思いのほか「生命のリスク」があるという。私たちの社会は「他者の献身」によって成り立っているんだ、と改めて。

【農業】

Aa1cf542fde934bbf7128544562a9fd69f814dea

イギリスで最も危険な仕事といえば「農業」と言われている。2016年には167人が死亡。主に大型の工作機械が原因とされている。

また、アメリカにおいても最も危険な仕事の1つだという。10万人につき約27人が亡くなっているという数字が出ていて、年間約270人が命を落としているというのだ。

危険な職業とみなされる例として、以下のような事例も。

2016年、アメリカの農家の男性が、肥料として使うために積み上げられ固くなった糞の塊を崩した。すると、メタンや二酸化硫黄が含まれる霧が出てきて、男性はその影響で亡くなってしまったというのだ。

【ゴミ収集】

5d736eb4be6bfa15d8a2c02f1e7e2e6fcb5863a9

他にも、危ない仕事として「ゴミ収集」が挙げられている。アメリカでは年に27人、イギリスでも20人程度が死亡しているとのことだ。

それにしても、ゴミを集める仕事でどのように命を落としてしまうのだろうか。詳しく説明されてはいないものの、集めるゴミの種類によって危険を伴うことがあるということ。割れ物や発火性危険物など、細心の注意を払わないと怪我をしたり、最悪の事態になりかねない事もあるのでは、と想像できる。

Licensed material used with permission by The Infographics Show
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
独断と偏見でピックアップしました。
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
「The School of Life」の動画は、「やりがいのある仕事とは何か?」や「どうやって意義を見出すのか?」を考え直す機会を提供してくれます。参考...
仕事がつまらない。そう感じたことのない人がいたら、きっとものすごく幸運。人間、どんなに好きな仕事でも時には思うことがあるものです。「飽きたかも」と。しかし...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
ここに紹介する『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者・原和良さんの職業は弁護士。本書では、原さんが日々さまざまな相談を受ける中で見えてきた...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
人生は一度切り。だから、「これをやるために生まれてきた」と思える仕事に出会いたいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか?今回は欧米の研究者による...