実は日々の暮らしに紛れている「もっとも危険な仕事」

以下の動画は、「The Infographics Show」が、「もっとも危険な仕事」というタイトルで制作したもの。警察官やトラックの運転手などが含まれているのは、自分の想像の範囲内といっていい。

ただし、ここで抜粋した2つの職業にも、思いのほか「生命のリスク」があるという。私たちの社会は「他者の献身」によって成り立っているんだ、と改めて。

【農業】

イギリスで最も危険な仕事といえば「農業」と言われている。2016年には167人が死亡。主に大型の工作機械が原因とされている。

また、アメリカにおいても最も危険な仕事の1つだという。10万人につき約27人が亡くなっているという数字が出ていて、年間約270人が命を落としているというのだ。

危険な職業とみなされる例として、以下のような事例も。

2016年、アメリカの農家の男性が、肥料として使うために積み上げられ固くなった糞の塊を崩した。すると、メタンや二酸化硫黄が含まれる霧が出てきて、男性はその影響で亡くなってしまったというのだ。

【ゴミ収集】

他にも、危ない仕事として「ゴミ収集」が挙げられている。アメリカでは年に27人、イギリスでも20人程度が死亡しているとのことだ。

それにしても、ゴミを集める仕事でどのように命を落としてしまうのだろうか。詳しく説明されてはいないものの、集めるゴミの種類によって危険を伴うことがあるということ。割れ物や発火性危険物など、細心の注意を払わないと怪我をしたり、最悪の事態になりかねない事もあるのでは、と想像できる。

Licensed material used with permission by The Infographics Show
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...