【社会人必見】仕事を最高に楽しむための、「10のマインドセット」

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。

今回紹介する『トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉』は、そんな、自ら動き出すきっかけとなるようなコトバを集めた書籍だ。

Vol.3では「キャリアを考える言葉」から、働き方とキャリアについてのトリガー・フレーズをピックアップ。

起業や転職など、長期的なキャリアはもちろんのこと、日々の働き方について有効なヒントが、この章できっと見つかる。


 01.

やりたいことなんて

最初はわからない

triggerphrase

「やりたいこと」は働いてみて初めてわかってくるもの。だから、始める前に「やりたいこと」を探すより、何でもいいから初めてみることをおすすめする。目の前にあることをこなして、スキルアップしていく。その繰り返しがチャンスを広げ、最終的にやりたいことへと導いてくれる。

02.

好きを仕事にせず

仕事を好きになる

趣味は楽しむためのものとして続けながら、仕事を好きになること。好きなことを仕事にしたいとこだわると、自分の可能性を狭めることにもなる。

03.

どこかに正しい答えがある
という発想が出てくるのは
社会を固定したものとして
見ているからだ

10年後どころか1年後のことすら前もって知ることはできない。今うまくいっている方法を1年後にそのまま試しても、うまくいく確証はないのだ。誰かに答えを尋ねることは意味が無い。社会が変わり続ける限り、正解など存在しないのだ。

04.

「雇われ型」から

「スキル提供型」

triggerphrase

「雇われていれば安心」という考えは捨てなさい。自分という個人のスキルを会社に提供しているのだと考えるべきなのだ。どこへ行っても必要とされるスキルを身につけよう。

05.

お金を払ってでも

働きたい会社で働く

triggerphrase

20代〜30代前半は、自分を成長させてスキルを身につける時。目先のメリットにとらわれ、会社を給与で選んではあとあとマイナスになる。これは、アルバイトでも同じ。自分が学べるものがあるかどうかを基準に、会社やバイト先を選ぼう。力がつけば、お金はあとからついてくる。

06.

次が決まるまで
今の会社を辞めてはいけない

次の勤め先が決まらないうちに今の会社を辞めると、無収入などさまざまな焦りから、ベストな選択ができない可能性が高まる。自分のキャリアプランがはっきりしないまま今の会社に不満があるという理由だけで転職しても、多くを得ることはできない。企業側も、[何も決めずに辞めた人=無目的な人]と見なすので、再就職の採用も不利となる。

07.

努力のではなく
が問われる社会を
生きている

trigger phrase

時代は刻々と変化している。どれだけ努力したかではなく、どういう努力をしたのかが重視されるようになった。残業をしてひたすら働けば出世が約束されていたという高度経済成長の頃と同じ発想では、今後、たくましく生きていくことはできない。

08.

ポジティブ・シンキング
だけでは生き残れない

ポジティブに考えていさえすれば、状況が勝手に好転するわけではない。ポジティブな考え方が効果を発揮するのは、次の前提があってこそ。ポジティブに考えて、ポジティブにちゃんと行動する。ポジティブ・シンキングだけでは、足りない。ポジティブ・アクションでなければ、何の意味もないのだ。

09.

「会社に依存しない」という
意識で仕事をしていると
イヤな上司の存在も
気にならなくなる

triggerphrase

上司がイヤで仕方がないと思うのは、会社に依存している証拠。すべての仕事は、上司のためでも会社のためでもなく、自分のキャリア、ひいては将来のためだと思えば、上司を気にするのがばからしくなる。「自分のキャリアの通過点に、たまたまこの上司が居合わせた」そんな程度にしか、思わなくなる。

10.

名刺のベストな整理法は
「捨てる」こと

triggerphhrase

こちらが相手の名刺を捨ててしまっても、先方がこちらの名刺を持っているなら、必要としてくれれば連絡を受けることはできる。仮に重要な人の名刺を捨ててしまったとしても、本当に重要な人とは、またどこかで会えるものだ。

トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉
コンテンツ提供元:本田直之

仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
著者はインターンシップの事業を立ち上げ、メディアでは日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている秋元祥治さん。50もあるメッセージの中から、「たしか...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
人生は一度切り。だから、「これをやるために生まれてきた」と思える仕事に出会いたいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか?今回は欧米の研究者による...
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...