【社会人必見!】勉強のやる気を出す10の方法

定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなければならない機会が多いものです。でも、なかなかやる気が出ないときってありますよね。今回は、気乗りしないときでも勉強のやる気を引き出す10の方法をご紹介します。

思い切って机から離れて見よう!

_89943868

1.運動をして血行促進

勉強しようといざ机に向かってみたものの、頭がぼんやりして働かない。そんなときは、一旦机を離れて体を動かしてみましょう。軽いジョギングやウォーキングは、体全体の血の巡りをよくし、頭をすっきりさせてくれます。夜間など外に出られない場合はストレッチがおすすめ。首や肩まわりをほぐして思考をクリアに。

2.家事・掃除をする

集中力が散漫になってしまったり、落ち着いて勉強できない場合には、家事や掃除をしてみましょう。台所やお部屋が散らかっていると、ついついそちらに目が向いてしまうもの。目につく部分だけでもすっきり片付ければ、勉強に集中できる環境が整います。くれぐれも、思い出の品を見つけて現実逃避しないようにだけ、気をつけてくださいね。
部屋を飛び出して環境を変えてみる

3.図書館へ行く

300308366

テレビやスマホ、パソコンにおやつ…。自分の部屋には、勉強する手を止めさせてしまう誘惑がたくさんあります。ここは思い切って、勉強する場所を変えてしまいましょう。公立・私立の図書館では、自習室を設けているところもあるので、ぜひ利用を。周りには同じように勉学に励む人たちがいるので、刺激になります。

4.カフェでノマド勉強する

特定のオフィスを持たず、PCとクラウドを利用してカフェやコワーキングスペースで仕事する人のことをノマドワーカーと言います(ノマド=遊牧民)。おうちで勉強に集中できない人は、ノマドワーカーを気取ってカフェなどでテキストを読むのも気分転換になりますね。ただし、お店が混雑してきたら長居は遠慮しましょう。

社会人ならこれ!
仕事の効率化テクニックを応用

man is preparing for written work

5.To-Doリストを作る

あなたが社会人なら、仕事の効率化テクニックを勉強に活かさない手はありません。勉強にも「やるべきこと」が存在します。今日はテキストを何頁から何頁まで読む、5つ単語を覚える、問題集のNo.1~No.10までを解く。こんなふうにTo-Doリストで勉強の進捗状況をチェックすれば、モチベーションアップにもつながります。

6.ポモドーロ・テクニック

仕事の生産性を上げるためによく使われるのが「ポモドーロ・テクニック」。短時間集中して作業したら少し休憩をはさみ、再び短時間集中…と繰り返すことで集中力を持続させる方法です。25分間勉強+5分休憩を4セットを基本に、慣れてきたら徐々に勉強の時間を長くとっていきましょう。

7.スケジュール管理をする

235567633

成果物を納期までに仕上げるためには、スケジュール管理は基本中の基本。勉強にも、スケジューリングは大事です。資格試験合格を目指すなら、試験日までにどの分野をどれくらいのペースで勉強していくか、そのために1日の時間をどう勉強に割り当てるか。To-Doリストと併せて使うとより効果的です。

「やる気」も気の持ちよう?
自分をマインドコントロールする

179289275

8.資格やスキルを身につけた自分を想像してみる

スポーツにおいてイメージトレーニングが重要なのと同じように、勉強にもイメージトレーニングが効果を発揮します。この資格を取れば憧れのあの職種に近づける。このスキルを身につければ海外での就職も夢じゃない。勉強を頑張ったらこんな自分になれるというイメージを持つことで、モチベーションを高めましょう。妄想はときに最大の武器になります。

9.SNSやブログなどで目標を宣言する

「口に出したらあとには引けない」という性格の人におすすめなのが、みんなの前で堂々と目標の宣言をしてしまうこと。学校や職場の人たちに「この資格取ります」と言うのもよし、FacebookなどSNSで「1年後は英語ペラペラになります」と公開宣言するもよし。自分自身に適度なプレッシャーをかけることで、無理やり勉強に集中してしまいましょう。

10.勉強後の「ご褒美」を用意しておく

277863206

人間誰しも、「ご褒美」があれば困難だって乗り越えられます。1日単位、週単位、月単位、定めたタスクを完了するごとに、見たかった映画や欲しかった服など、魅力的なご褒美を自分自身にプレゼントしてあげましょう。ステージをするごとに新しいアイテムを与えられるロールプレイングゲームのような感覚で、勉強を楽しめるといいですね。

大人になると、勉強時間を確保するのは至難の技。やる気が出るのを待っているのではなく、やる気を引き出すきっかけを作って、集中して勉強に取り組みたいですね。短い時間でも、毎日の積み重ねはきっとよい結果をもたらしてくれますよ!

やる気の出し方は、人それぞれ。誰かから励まされるのがいちばん効く人もいれば、切羽詰まったら驚異の集中力を発揮する、なんて人もいるでしょう。Grant Sn...
仕事をする上で「モチベーション」の有無はとても重要なことですが、勝手に生まれてくるものではありません。さまざまな要因で、ムクムクと湧き出てくるものです。池...
苦手な仕事や面倒な手伝いをやらなければならず、どうしても気持ちが乗らないときってありますよね。そうなると、いつまでたっても仕事は捗りません。メンタルコンサ...
エグゼクティブ・コーチ(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)として活躍中の和気香子さんの著書『人間関係の整理術』(クロスメディアパ...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
「もっとやる気が出せればいいんだけど…」という相談をよく受けます。解決する方法はいくつかありますが、特に効果的なのが「小さなきっかけ」を作ること。まず行動...
彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
どうにも仕事のやる気スイッチが入りきらないときには、自分ひとりでどうにかしようとするよりも、心のこもった料理を食べに行ったり、アーティストが一生懸命歌って...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
誰でも、頭に知識を詰め込む作業はしなければいけません。「AsapSCIENCE」で紹介している、記憶力を伸ばす方法を試してみるのはいかが?例えば、水を飲む...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
英語の上達方法の1つに「お酒を飲んで話す」というものがあります。それが、先日、発表されたイギリスとドイツの大学が共同で行った研究によって、効果が証明されました。
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...