ビジネスの世界で生き残るために、今からやるべき「将来の準備」とは?

「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

鈴木秀明さんの著書『10年後に生き残る最強の勉強術』では、これからの世界で生き残るためのビジネス力の強化ポイントや、人材価値向上のための考え方、転職に関するスキルアップ術などがまとめられています。

あなたの仕事は10年後に
なくなっているかもしれない

イギリス・オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授による『雇用の未来ーコンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が話題になりました。

コンピューターの技術革新によって、これまで人の手で行われていた仕事が、ロボットや機械に取って代わるのではないか?というのです。

事実、さまざまな技術が発展し、世の中が便利になればなるほど、人間がしていた仕事は機械が行うことになるでしょう。今までと同じような仕事をしていては、いずれ食べていけなくなる可能性があることを想定し、対策を考えておかなければなりません。

では、具体的にどうすればいいのでしょうか?

1.将来的にも安定と思われる業界に転職する。
2.手に職をつけて独立開業をする。

方針はいろいろ考えられると思いますが、いずれにせよ「この人は他の人にないものをもっている」とまわりから思ってもらえるような人材になることは必須といえます。

「今すぐには必要でない知識」を
あえて今のうちに身につける

「将来的に必要になる知識は確かに重要かもしれないけど、まずは当面の仕事に直接役立つことを勉強した方がいいのでは?」と考える人もいるかもしれません。しかし、実は「今すぐ必要というわけではない知識こそ、今のうちに身につけておいた方がいい」のです。

その理由としては、いざ本当にその知識が必要になったときには、そのことについてじっくり勉強している暇などない可能性が高いからです。ビジネスの場面では、ある日突然上司の命令で、特殊・専門的な知識やノウハウが必要な仕事に駆り出されることもあるでしょう。そうした知識は余裕のあるうちに身につけておいた方が後々あわてなくて済むのです。

年齢を重ねると、徐々に記憶力や集中力も低下していきます。例えば今資格の勉強をした場合と、10年後に同じ勉強をした場合、おそらく10年後に勉強した方がより苦労することでしょう。

「いずれは勉強しておきたい」という分野があるなら今すぐ着手して、取らなければいけない資格はできるだけ早期の取得を目指して計画を立てるべきです。

失敗しがちな
職選びの軸

将来を見越して転職することは、決して間違いではありません。しかし、転職活動をする中で、自分の強みや職歴、経歴にこだわりすぎると失敗してしまう可能性があるので覚えておきましょう。ここで例を挙げます。

【例】
自分の強みや経験が活かせる職場に就職したが、「給料が安い」「残業が多い」という理由で結局退職してしまった。

これは、職選びの優先順位として、自分の強みを活かせることよりも、給料や労働環境に重きを置いている証拠です。「給料が安くてもやりがいがある」という人はいくらでもいます。自分はそこまで思えないのであれば、それは自分の中での「職選びの軸」と「仕事の特性」とが合致していないということになります。転職を考えているのなら、企業や職種の特性のリアルな部分をしっかり調べておきましょう。

関連する記事

今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
イギリスは、新たな政策としてAIによって代替される仕事に就く労働者向けの研修制度を始める。
彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組む...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
高校時代には偏差値が29だったという杉山奈津子さんは、自分自身で勉強法を編み出し、東大に合格しました。彼女は勉強に加えて、ある武器を活用していたそうです。...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
ただがむしゃらに働いた社会人1、2年目を経て、“いろいろなコト”が見えてくる3年目は、多くの人がこの先の生き方を見直そうとする時期でもあります。転職するの...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
不器用な人ほど素直な気持ちで「Inc.」のMarcel Schwantesが説く、周りから信頼を勝ち取るヒントに目を向けてみてはいかがでしょう。口にするだ...
「リーダーにふさわしい人」は、プレゼンがうまかったり、感動のスピーチを語れる人だけではありません。もしあなたが「口べた」だとしても、周囲に影響を与え、動か...
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...