ビジネスの世界で生き残るために、今からやるべき「将来の準備」とは?

「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

鈴木秀明さんの著書『10年後に生き残る最強の勉強術』では、これからの世界で生き残るためのビジネス力の強化ポイントや、人材価値向上のための考え方、転職に関するスキルアップ術などがまとめられています。

あなたの仕事は10年後に
なくなっているかもしれない

イギリス・オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授による『雇用の未来ーコンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が話題になりました。

コンピューターの技術革新によって、これまで人の手で行われていた仕事が、ロボットや機械に取って代わるのではないか?というのです。

事実、さまざまな技術が発展し、世の中が便利になればなるほど、人間がしていた仕事は機械が行うことになるでしょう。今までと同じような仕事をしていては、いずれ食べていけなくなる可能性があることを想定し、対策を考えておかなければなりません。

では、具体的にどうすればいいのでしょうか?

1.将来的にも安定と思われる業界に転職する。
2.手に職をつけて独立開業をする。

方針はいろいろ考えられると思いますが、いずれにせよ「この人は他の人にないものをもっている」とまわりから思ってもらえるような人材になることは必須といえます。

「今すぐには必要でない知識」を
あえて今のうちに身につける

「将来的に必要になる知識は確かに重要かもしれないけど、まずは当面の仕事に直接役立つことを勉強した方がいいのでは?」と考える人もいるかもしれません。しかし、実は「今すぐ必要というわけではない知識こそ、今のうちに身につけておいた方がいい」のです。

その理由としては、いざ本当にその知識が必要になったときには、そのことについてじっくり勉強している暇などない可能性が高いからです。ビジネスの場面では、ある日突然上司の命令で、特殊・専門的な知識やノウハウが必要な仕事に駆り出されることもあるでしょう。そうした知識は余裕のあるうちに身につけておいた方が後々あわてなくて済むのです。

年齢を重ねると、徐々に記憶力や集中力も低下していきます。例えば今資格の勉強をした場合と、10年後に同じ勉強をした場合、おそらく10年後に勉強した方がより苦労することでしょう。

「いずれは勉強しておきたい」という分野があるなら今すぐ着手して、取らなければいけない資格はできるだけ早期の取得を目指して計画を立てるべきです。

失敗しがちな
職選びの軸

将来を見越して転職することは、決して間違いではありません。しかし、転職活動をする中で、自分の強みや職歴、経歴にこだわりすぎると失敗してしまう可能性があるので覚えておきましょう。ここで例を挙げます。

【例】
自分の強みや経験が活かせる職場に就職したが、「給料が安い」「残業が多い」という理由で結局退職してしまった。

これは、職選びの優先順位として、自分の強みを活かせることよりも、給料や労働環境に重きを置いている証拠です。「給料が安くてもやりがいがある」という人はいくらでもいます。自分はそこまで思えないのであれば、それは自分の中での「職選びの軸」と「仕事の特性」とが合致していないということになります。転職を考えているのなら、企業や職種の特性のリアルな部分をしっかり調べておきましょう。

今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!