iPhone・歴代10機種で水没実験。最後まで生き残ったのは・・・

「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めています。

最後まで動いたのは
意外にも○○だった!

th_スクリーンショット 2015-11-07 11.54.17使用したのは、初代iPhone2GからiPhone6sまでの全10機種。すべて正常に動いているものを、水の中に入れていきます。

th_スクリーンショット 2015-11-07 11.55.45どのくらいで使えなくなってしまうかを計るため、それぞれストップウォッチをオン。
同時に水の中へ「ポチャッ」。本体の中にも水が染み込むようにと少し揺らします。th_スクリーンショット 2015-11-07 12.01.20揺らした瞬間、動かなくなってしまったのは3Gs、4、4sに5c。
5sと6sは、電源がついたり消えたりを繰り返しています。
やがて他のiPhoneも白い画面に変わっていく中、最後まで粘り強く残ったのは…。

th_スクリーンショット 2015-11-07 12.24.15

なんと3G!

記録は、2分5秒。最新機器の方が長く持ちこたえると思っていただけに、予想外の結果に驚くZachさん。

th_スクリーンショット 2015-11-07 12.33.195sと6sは最後まで画面はついている状態ですが、すべて使い物にならなくなってしまったとか。

ここで紹介した実験は一人のユーザーが好奇心から行ったこと。同じ機種でも、デバイスによって違いは見られるかもしれません。

Apple社はiPhoneに防水機能がついているとは言っていないので、くれぐれも真似はしないように。

Licensed material used with permission by Zach Straley

Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
iPhone6が発売された時に話題になったのが、その耐久性。ポケットに入れると曲がってしまう現象は、写真とともにSNSで注目され、さまざまな耐久テスト動画...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。