【実験動画】コップに注ぐ「お湯」と「水」の音の違い、聞き分けられる?

「お湯」と「水」の違いが水温にあることくらい、子どもだって知っているけれど、じゃあその両方を同じ条件下で、同じコップに注いだときの「音の違い」にアナタは気づいていましたか?

目隠しをして(あるいは後ろを向いた状態で)音だけを聞いたとき、両者の差は歴然なんです。試してみる?よりも、まずはこの実験動画をチェック!

音の違いは
「水の粘度」にあり

実験を行ったsience presenterスティーヴ曰く、常温の状態の水の方が水分として粘着性が強く、温めてお湯になることでより液体化され、粘力が弱まってくる、これが音に現れる、と。

その分かりやすい例がハチミツ。たしかに冷たく固い状態よりも、温まっているときの方がトロ〜んと垂らすことができます。これに比べると視覚的には見分けがつかない水とお湯ですが、注いたときコップの中で跳ねることで粘度の差の判別がつくというロジック。

なにがオモシロいって、日常から私たちはこの音の違いに直面しているし、普段から直感的に経験しているということ。こうして改めて比べてみると「あれっ?」となることが、日々の生活の中にはきっと多々あるんでしょうね、という気づきを与えてくれる実験動画でした。

Licensed material used with permission by Tom Scott
洗剤や植物油、アルコール、どれも家庭にある一般的な液体を使って、科学実験に挑んだ動画をご紹介。何度見ても「え、なんで?不思議…」。どの実験も、最初に材料を...
「The Duo Carafe」は、本体に入っている水をコップなどに注ぐ瞬間に熱湯にしてくれる電気ケトル。温度も99℃までなら細かく調節可能なので、いろん...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
カラスの賢さは、すでに誰もが知るところ。では、学者レベルでの研究では、どのようにカラスの知能を調査しているのか?これは、ニュージーランドのオークランド大学...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...