100ドルよりも1杯の水。過激な社会実験が伝える「炎天下の恐怖」とは?

アメリカである過激な社会実験が行われました。「炎天下の車内で10分間耐えることができれば100ドル」というニセのチャレンジ企画です。冗談にしても少々、度が過ぎるように思えますが、企画した団体は大真面目。危険を犯してまで、伝えたいメッセージ、仕掛ける方も本気度100%です。

スクリーンショット 2015-07-27 14.42.50

スクリーンショット 2015-07-27 14.44.04仕掛人がボードを設置して、いよいよチャレンジがスタートしました。結果は目に見えていそうなものですが…それでも車に乗り込む人が後を絶たない。さすがはエンターテイメント大国のアメリカ、ノリがいいと言うか何と言うか。

スクリーンショット 2015-07-27 14.45.42

スクリーンショット 2015-07-27 14.46.04

ただひたすら10分間をじっと耐えることができれば勝ち。途中でギブアップする場合は、フロントシート中央にある救出ボタンを押すことで、外からドアを開けにスタッフが駆けつける。非常にシンプルなルール説明を受けます。ただしムリはしないこと。
このときはまだ余裕な表情の挑戦者たち、笑顔も見えます。そして…ドアが閉められました。

スクリーンショット 2015-07-27 14.47.49

スクリーンショット 2015-07-27 14.47.26

ものの数分も経っていないというのに、早くも上着を脱ぐ人、手をうちわ代わりにあおぐ女性。少しずつ雲行きが怪しく表情も険しくなっていきます。

スクリーンショット 2015-07-27 14.48.56

こうなるとみな、目の前の赤いボタンにチラチラと目がいくように。気になって仕方がない様子。「まだ10分経たないのか?」そんな声が聞こえてきそうな表情に見えてきます。

スクリーンショット 2015-07-27 14.48.31

スクリーンショット 2015-07-27 14.49.45

やがて、汗が顔面をしたたり落ち、呼吸が荒くなってきました。グロッキー寸前の女性も。「もう限界!」とばかりにボタンを叩きます。

スクリーンショット 2015-07-27 16.41.12

スクリーンショット 2015-07-27 16.40.03

差し出された水を一気に飲み干す人、頭からかぶる人。みな、一様に大きなため息と共に安堵の表情が戻るチャレンジャー。
「人生で最悪の経験」「息をすることもできなかった」「閉所恐怖症になりそうだよ」ようやく息が整ってきたところで、この実験の本当の目的が告げられます。もしも、このシートに座っていたのが、あなたの子どもだったなら…。

スクリーンショット 2015-07-27 15.48.36

この無謀なチャレンジを企画した「Kar4Kids」が伝えるデータによると、過去20年間で子どもが車内に取り残されて死亡する事故はアメリカで618件に及ぶそう。平均すると毎週、少なくとも子ども1人が車内放置による熱射病で命を落としていることが分かります。この過激なプロジェクトは、大人にも車内放置がどれほど危険であるかを、身をもって体感させることが、真の目的でした。

炎天下では、ものの10分〜20分の間に室温は外気温より約20℃近く上昇し、大人でも危険なレベル。一般社団法人日本自動車連盟(JAF)が気温35℃の真夏の車内温度を調査した実験結果でも、計測から1時間を経たずに車内温度は最高で57℃にまで達しています。
車内に子どもが取り残される危険は言うまでもありませんが、ガスライターやスプレー缶、未開封の炭酸飲料のビンや缶、電池など、車内に放置しておくと危険なモノもたくさんあります。行楽地へのドライブや旅行が待っている夏休み。注意が必要ですね。

Reference:一般社団法人日本自動車連盟
Licensed material used with permission by Kars4Kids

体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
ネガティブな問題を注意喚起するのに、あえて逆説的にコミカルに伝える手法は、言ってみれば常套手段。世界には思わず吹き出したくなるようなキャンペーン動画がたく...
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
世の中には多くの職業が存在するが、中でも危険とされるものを「The Infographics Show」が紹介している。以外な職業の名が上がっている。また...
これは、米サイト「Mic.com」が行った社会実験動画。「あなたにとって100ドルって、どんな意味がある?」を食料品から紐解いていこうという企画です。もち...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
「DewGood」を電源につなぎ、屋外に放置しておくだけで、1日に最大10ガロン(約40L)の水を作り出してくれるそう。仕組みは空気中の水蒸気を冷やすこと...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
フロリダと言えば「眩しい太陽が降りそそぐ街」、そんなイメージがありますよね。しかしその反面、高温多湿な気候ゆえに「クルマに放置された赤ちゃんやペットの死亡...