コンテナでカリフォルニアの社会問題も解決!?

世界各地に建造される「コンテナ建築」。積み上げたり塗装したりできるコンテナは、建築パーツとして高い柔軟性を誇っています。

その“柔軟性”を地域に根付く問題解決に役立てようとしているのが米カリフォルニア州です。アイデアの対象は、ここ数年で深刻化しているホームレス問題。

ホームレスの増加に対して緊急一時宿泊施設の建設が追いついていません。その状況を特に問題視したロサンゼルス市長。事態の改善に向け、地元の建築会社に相談。

そうして考案されたのが、ホームレスが滞在できる住居に併設するフードホール。現在アナハイムやサンタアナなどに建設中で、今年オープンが予定されているオレンジカウンティの「SteelCraft Garden Glove」もそのうちのひとつ。

コンテナを積み上げた2階建ての施設は、タコスをはじめとするフードやスイーツ、コーヒーなどを販売する8つの飲食店が入居予定。建物のあるエリア内では、オーガニックの野菜が栽培され、店の食材として使えるようにするのだとか。

入り口付近には、併設された住居に住むホームレスも利用できるイーティングスペースが設けられる予定。この施設を訪ずれたゲストとのコミュニケーションは、長らく路上で生活していた人たちの社会復帰の助けになるかもしれません。

深刻化する社会問題をどうにか解決したいという市長の願いが具現化したこのフードホール。コンテナを利用することで、特徴的な見た目になるのはもちろんのこと、限られた予算内で解決法を編み出さなければならない状況でも、多いに役立つと教えられた気がします。

©2019 by Studio One Eleven

アナハイムの「Leisuretown」

©2019 by Studio One Eleven

サンタアナの「The Roost」

©2019 by Studio One Eleven

オレンジカウンティの「SteelCraft Garden Grove」

Top image: © 2019 by Studio One Eleven
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
廃墟となっていた建物に輸送用コンテナを一つひとつ積み上げて作られた、ベネズエラのカルチャーセンター。カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどが...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
先月28日(土)より、「アップリンク」が運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて緊急企画がスタート。
アメリカのニューヨーク歴史協会から始まった、Twitter上で花束を贈り合う「#MuseumBouquet」の紹介。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ドイツ・ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」は、コンテナを積み上げて造られました。全64部屋で188つのベッドを用意。ギャラリーやスパなどが...
差別に関してはアメリカで最も厳しい州のひとつ、カリフォルニア。現在、自然な髪型に対する差別行為を法律で禁止にしようとしています。 例えば、アフリカ系アメ...
深刻な山火事と闘うカリフォルニア州ロサンゼルスのアナハイム市では、ちょっと変わった山火事対策を実施している。それは、ヤギを使ったサステイナブルな取り組み!
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。