「ホームレスの社会復帰」を徹底的にサポートする家

ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。

だからこそ私は、アメリカの非営利団体「Cass Community Social Services」がおこなう活動に心を惹かれた。彼らは、持続性のある支援をさまざまな形で行っている。

家を建てて終わり、
ではない。

ミシガン州デトロイトに建てられたカラフルな家。これこそが、ホームレスの人たちへ提供されるものだ。知らずに見ると、まさか「支援物資」だとは思わないだろう。

もちろん入居するには条件がある、が、まずは家の様子を簡単に。

中が白で統一されたブルーの家。

黄色い家は、建物の中もイエローベースだ。

良い意味で期待を裏切ってくれる、清潔感がある内観。

おとぎ話に出てきそうなこの家は、天井が高くて落ち着いて過ごせそう。

さて、気になる仕組みは?

肝心の条件、ないしは支援の仕組みの説明を。

そもそもこの家に住めるのは、ホームレスはホームレスでも、無一文ではいけない。反対にお金がありすぎてもダメ。その基準は住宅都市開発省(HUD)によって決められているとのことだが、こうすることで単純に何かを与えるだけでなく、社会復帰を目指す人を救ったり、自力で頑張る力を底上げできるのだという。

さらに、家賃。入居者は収入の30%以上を払うことがないように設定されている。つまり、貯金を促してくれるということ。仮に失業などの予期せぬ事態が起きた際には、非営利団体のメンバーが一緒に職探しをしてくれるといったサポートも。加えて、彼らは近くに住み、何かあればすぐに助けられる体制にもなっているらしい。

これほどデザインを重視しているのは、「自分たちの家を誇りに思ってほしいから」だそう。せっかく住むなら…というような単純な理由ではなく、実は7年間家賃を払い続けることができれば、家の所有者になれるというのだ。

この家には、支援する側もされる側も、一時の満足だけで終わらないような工夫がなされている。相手を心から思うからこその仕組みに、なるほどと何度も頷いてしまった。

Licensed material used with permission by Cass Community Social Services

関連する記事

子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
「Pizza Hut UAE(ピザハット アラブ首長国連邦)」は「Earth Day」のイベントとして「SAVE THE WORLD AND EAT FR...
オーストラリアを拠点に活動する慈善団体「Beddwon」は、夜間に使われていない駐車場スペースを利用して、ホームレスのための「ポップアップ宿泊施設」を立ち...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
オーストラリアのメルボルン市議会は、市内にある図書館で新たなサービスを展開するため、常勤のソーシャルワーカーを雇用した。このサービスは、ホームレスといった...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
今回紹介するのはサッカーのワールドカップです。だけど、プレーするのはホームレスの人だけです。
「ハーバード大学」デザイン研究科の学生と卒業生の団体が、建築家や芸術家の作品を募り、オンラインでチャリティセールを開催。すべての売上は差別撲滅運動に力を入...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
新型コロナウイルスの影響を受け、Instagramが新たに4月28日よりローンチしたのは、Instagram Live上で募金による寄付を集められる機能。...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
ホームレスのヤドカリたちに、タイの住民から”お家”の寄付があった。今年の11月、タイのランタ諸島・国立公園では、ヤドカリの数が急増したため、家(貝殻)が足...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...