非営利団体

子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
かたくななまでに自分の非を認めない人というのがいます。何か責任を問われることが起こっても、誰か人のせいにしたり環境のせいにしたりします。自分に非があること...
1年前に話題となった日向市のPR動画「ネットサーファーがリアルサーファーに」の続編が公開。話題を呼んだ動画から1年を経て、日向市では誰もが予想だにしなかっ...
4月にアメリカ最大のフェス「コーチェラ」にも出演したカニエ・ウェスト。「宗教団体」を設立か——そんな話題で、人気ミュージシャンの動向に注目が集まっている。
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
備食こそ、美食でなければならないーー。そんなコンセプトから生まれた備蓄食が、この「東京備食」です。
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
最近、キャットラバーの間で話題となっているInstagram(okirakuoki )があります。それは、猫写真家の沖昌之が、野良猫の貴重な瞬間をとらえた...
誰かが向き合ってコミュニケーションを取らなければ、社内全体の雰囲気が悪くなってしまいます。オハイオ州立大学の行動科学史教授であるGleb Tsipursk...
なんてことのない部屋。ありふれた日常。なのによく見るとどこか違う。見慣れた風景の見慣れたものをもとの文脈から切り離して置くことで、独特な世界観を表現するフ...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
一緒に過ごす時間が長くなると、相手の存在が当たり前になり、ドキドキやワクワクを感じられなくなる。そうして関係がギクシャクしてしまう時期はどのカップルも経験...
カリフォルニアに位置するジョシュア・ツリー国立公園内というロケーションです。内装も抜群なのですが……。
9月初旬、米「Facebook」は他人の投稿で見られる「いいね」の件数表示の廃止を検討していると明らかにした。
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
物質的な「モノ」を買うことよりも、「経験」にお金を使うことの方がしあわせ。社会全体の価値観が、次第に体験、知識、思い出を積み重ねていくことの方へとシフトし...
授業の終了を告げるチャイムがなり、子どもたちが嬉しそうにランチボックスを取り出します。だけど教室の真ん中に、ただひとり浮かない顔をしている男の子が。容器を...