知っておきたい「非常食」のスマートな備蓄方法!

「非常時への備え、どれくらいしてますか?」

乾パンや水などの非常食の用意、防災マップで避難場所を確認、非常用持ち出しバッグの用意、家族との連絡方法の確認などなど“万が一”に対する備えに尽きることはありません。今回この記事で紹介していく「ローリングストック」もその1つ。

「ローリングストック」とは、非常食をストックする方法の話。今、さまざまな企業がこのローリングストックに関する情報の発信やサービスの提供を始めています。

この記事では、ローリングストックの意味や企業の取組、オススメの商品についてご紹介していきます。

ローリングストックとは?

©iStock.com/SebastianRurarz

ローリングストックは、ローリングストック法や循環備蓄とも呼ばれています。カップヌードルなどを製造販売する日清はローリングストックについて以下のように定義しています。

日常で消費しながら食べた分だけ買い足し、災害時に備える方法

つまり、常備食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法のことをローリングストック法と呼びます。

非常食と聞くと、乾パンや缶詰などをイメージする方が多いかもしれません。これらの食料が常備食の定番となっている理由の1つは賞味期限が長いこと。賞味期限が近づくと焦って消費したり、消費しきれなかったりするのが一般的ではないかと思います。

ではローリングストック法ではどうでしょうか。同じように食料をストックしていながらも、定期的に消費をするので、賞味期限直前になって焦っることはありません。また、消費の間隔も短くなるため、賞味期限が短くて嫌煙されてきたような食料(レトルト食品やグラノーラなど)も常備食として消費することができます。

南海トラフ巨大地震が起こるという予測が広がるとともに、人々の防災への意識も高まるようになり、このローリングストックを実践する家庭が増えました。また、現在流行中の新型コロナウイルスに感染し、自宅待機を命じられた際にも、役立つこと間違い無しの備えです。

「ローリングストック(rolling stock)」という名前から、海外発祥の言葉のように見えますが、実は和製英語で海外では通じないようです。災害の多い日本だからこそ生まれた考え方なのかもしれません。

ローリングストックを推奨する企業の取組み

日清の「カップヌードル」のローリングストック

日清のカップヌードルは電気、水道、ガスが止まっても困らないカップヌードルのローリングストックサービスを行っています。なんと、このサービスはカップヌードルだけでなく、災害時にライフラインが止まってしまってもお湯を沸かしてカップヌードルが作れるようにガスコンロなどもセットになっているんです。

3ヶ月に1度、入れ替え用のカップヌードルが届くので、あとは古い方のカップヌードルを食べるだけ。登録するだけでローリングストックが実現できるので、忙しい人にもオススメです。また、このカップヌードルローリングストックは防災製品等推奨品として一般社団法人防災安全協会によって認められています。

SUNTORYの「水」のローリングストック

ライフラインが止まったときに、食料と同じくらいに大切になってくるのが飲み水の確保。そんないざというときの常備水を推奨しているのが、サントリー ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーの水を一定量ストックしておき、そこから水を消費し、定期的に配達される新しい水をストックに回すという仕組みが推奨されています。

このサントリー ウォーターサーバーの水は最大5つまで縦に積み重ねることができるので、収納スペースが狭い部屋でも幅を取りません。また、非常時は「非常時用コック」を取り付けることで、ウォーターサーバーの機械に設置しなくても利用できるようになるというのも便利。

良品計画で揃えるローリングストック

無印良品は、日々のくらしの中に備えを組み込み「標準装備」することを提案しています。標準準備とは、食料やモノ、知識など万が一のときに役立つすべてのモノ。無印良品では、いざというときのための備えについて情報を発信するとともに、無印良品で扱っている商品であるカレーやガスコンなどをローリングストックにすることを推奨しています。また、防災セットも販売しており、その人のニーズに合わせ、3つのサイズから選択することができるようです。

ローリングストックにオススメの商品

常備食にもなる日本の味

非常時のご飯は、仕方ないのはわかっているがなんだか質素......。日本の旨味が欲しくなります。そんな非常食のレベルをぐんと挙げてくれるのが佃煮です。もともと佃煮は非常食賞味期限を長引かせるために作られたともいわれており、ローリングストックにピッタリ!レンジでチンするタイプのご飯と一緒にストックしておけば、気分が下がっている非常時の小さな幸せになるはずです。ただ、ものによってストックできる期限は違ったり、保存法が異なったりするので注意。

ヴィーガンの非常食

ヴィーガンの方におすすめしたいのが、「ビバークレーション」というインスタントリゾット。肉や魚はもちろん、乳製品、卵を含みません。全部で4種類の味があるので、全部揃えればいざとなったときも飽きずに食べられるでしょう。

吉野家の牛丼の非常食

みんな大好き?吉野家の牛丼の缶詰があるんです!この缶詰は常温保管で3年持つそうでストックも安心。また、牛丼だけでなく豚丼、焼塩さば丼などの6種類がセットで販売されています。中のご飯も高機能玄米「金のいぶき」を使っており、白米よりも栄養たっぷりで、栄養を十分に取りにくい環境下で大活躍すること間違いなし。つらい状況でもテンションをあげてくれるアイテムです。

まとめ

乾パンや缶詰だけの味気ない非常食はもう古いよう。イオントップバリューなどのスーパーのHPにはローリングストックにオススメの食品がまとめられています。是非参考にして、生活に取り入れてみてくださいね。

Top image: © Monkichi Lutwidge/Shutterstock.com
備食こそ、美食でなければならないーー。そんなコンセプトから生まれた備蓄食が、この「東京備食」です。
あの日、あなたは何をしていましたか。震災のあと、被災地には支援物資がたくさん届きました。米、パン、カップ麺、缶詰、レトルト食品など、すぐにエネルギーに変わ...
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
そのまま食べてもいいし、サラダを少し豪華にするためにこれをプラスオンするのもアリだし、缶詰ということを考えて非常食として常備するのもアリ。
「ULTRA LUNCH合同会社」が開発したインスタントリゾット「ビバークレーション」。肉や魚はもちろん、乳製品、卵も含まないヴィーガン仕様のフリーズドラ...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
今、世界中で増加する「ヴィーガン」を取り巻くさまざまな動きについて、知っておくべきことをまとめて紹介。ヴィーガンに向けた刺身、卵、ホテル、レシピ本、ファッ...
吉野家の「缶飯」は、非常用保存食としての牛丼。温めは不要で、常温のまま食べることができる優れモノ。
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
Instagramは11月9日、アメリカでも「いいね数」を非表示にすると発表した。今週からテスト導入が開始される予定だ。さらに、今後使用時間に制限を設ける...
自分の非を認めない人に共通する5つのことをご紹介。是非参考にしてみてくださいね。
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
9月初旬、米「Facebook」は他人の投稿で見られる「いいね」の件数表示の廃止を検討していると明らかにした。
東京から2時間以内。2-3日で非日常を過ごせる箱根、軽井沢、湘南、立川、埼玉のこだわりホテルを紹介。2020年にオープンした大注目のホテル5選
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
誰かが向き合ってコミュニケーションを取らなければ、社内全体の雰囲気が悪くなってしまいます。オハイオ州立大学の行動科学史教授であるGleb Tsipursk...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
1年前に話題となった日向市のPR動画「ネットサーファーがリアルサーファーに」の続編が公開。話題を呼んだ動画から1年を経て、日向市では誰もが予想だにしなかっ...