常備しておきたい「吉野家の缶飯」

給料日前で金欠……なんて不測の事態。安くても十分なエネルギーとして蓄えられる「牛丼」に救われた経験……あるんですよね、本当に。

それと一緒にするのは違う種類の話ですが、自然災害の多い日本において、非常用保存食として牛丼を常備できたら、いざというときにパワーフードとして助けてくれるハズ。そこで、この「缶飯」なんです。

これは、保存食として作られた“吉野家の牛丼”。あくまで非常用ということで、温めは不要。常温のまま食べられます。

単なる牛丼というワケでもなく、ご飯は高機能玄米「金のいぶき」を使用。通常の白米より、栄養面もサポートします。栄養やエネルギーだけでなく、災害時に動くべき若者の胃も満たします。ただの缶詰とみくびることなかれ!

価格は牛丼や豚丼、焼塩さば丼など全6種のセットで4860円(税込)。保存食なので賞味期限は3年と長持ちなんですけど、どうしても家から出たくないってときに食べてしまいそう(笑)

Top image: © 2019 株式会社 吉野家
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
牛の町から届くミルク缶です。実用的です。なぜならプロ仕様の洗濯洗剤が入っているから。
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、「飲め...
コバトパン工場のスペキュロス缶。スペキュロスは、スパイスがきいたクッキーのことで、コーヒーや紅茶だけでなく、ミルクにも合う、食べごたえ満点のお菓子。じつは...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...