「缶入りのワイン」が世界の「新常識」に!

7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competition」が開催され、各ワイナリーが持ち込んだ缶ワインは「ワインの味や質」と「パッケージデザイン」という、ふたつの軸で審査された。

近年アメリカでは、飲みきりサイズであることや手軽さなどを理由に、缶ワインが流行中。ただし、その地位がしっかりと確立されているかというと決してそうではなく、現に今回の国際コンペに集まった缶ワインは200種類前後。いまだにガラス製ボトルが主流なのは間違いない。

とはいえ、アメリカ以外のワイン生産国でも缶ワインが製造され始めており、今回はフランスやイタリア、スペイン、イングランド、アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランドのワイナリーも参加。注目度が高まっていることは確実である。

ちなみに、初開催となる2019年度に金賞を受賞した赤ワインと白ワインは以下のラインナップ。3枚目の画像がパッケージデザインの受賞ワインとなっている。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
アメリカで流行中の「缶ワイン」が、1月1日から「ジェットブルー」の機内で提供されるようになった。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...