【ラベル選びも楽しい】今こそ買い!「不人気だったからこそ」熟成が進んだアメリカの赤ワイン

ワインの生産量で有名な国の産まれではない「新世界ワイン」連載でご紹介している本企画。革新的な試みをするワインも多い新世界ワインですが、ラベルに特長ある、いわゆる「ジャケ買い」したくなるワインも多数あります。

売れなかったおかげで熟成が進んだ赤ワイン

「ジャケ買い」ってことなんですが、自分もしたことあります、1度だけ。音楽に強い好みや傾向を持ってなかったので、何か聞こう選ぶのに悩んでたときに、やたらゴージャスなジャケットのCDを手にしました。それ、マイケル・ジャクソンのアルバム『デンジャラス』だったんですよね。
ジャケ買いとはいえ、あのキング・オブ・ポップ、MJのCDなので中身も安心して購入できたものです。そういや、彼って兄弟や親もなかなか話題の多い一家でしたよね。

と、とってつけたような枕話ではじめましたが、今回ご紹介するワインも「ジャクソン一家」のもの。いえ、同名ってだけなんですけど(笑)。ワイン業界では名門とされるジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」という赤ワイン。

4571678231232512
©2018 TABI LABO

名前のリベレイティッドとは「自らの解放」を意味しまして、それを表現したアーティスティックなラベル。伝統という名の古臭い世界を打破して、革新と自由をコンセプトにワイン造りに挑み、常識に囚われない解放感を表現していこうというもの。
こんなところも、音楽シーンに衝撃をもたらしたMJみたい……なんて思ってみたり。

ただ、このワインはMJと大違いで、世に登場した当初からヒットしたわけではないんですね。丁寧に造られたバランスのいいワインだったんですが、美味しければ必ずしも売れるって訳ではなかったようです。
しかし、それが逆によかった。売れ行きの良くなかったワインはワイナリーで保管され、忘れられそうになっていたんですが、その保管状態が最高で絶妙な熟成をもたらしたんです

同じ製造年のワインと比べて果実味が主体の味わいも各要素がバランスされ、凝縮しているのに主張が強すぎないお値打ちの赤ワインに仕上がってます。それでいて、売れなかったものだからワイン自体は生産中止になっていて、売り切り価格で流通。
妙なMJの思い出話ばかりをしましたが、エンタメにおける彼レベルな上質な味わいが、2000円程度で買えてしまいます

前述したこのワインのアーティスティックなラベルには、異なる図柄のものが他に2つ存在しまして、これなら同じワインを複数買ってもテーブルの上が単調にならず華やか。それでいて味は熟成した素晴らしいもの。
ジャケ買いしても間違いないし、ワイン選びの悩みから解放されたいなら、まさにこれですよ!This is It!!

ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド

■産地:アメリカ
■ぶどう:ピノ・ノワール、シラー
■色:赤
■味わい・風味:ミディアムボディ
■実勢価格:750ml 1,998円~

「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ワインの造り手一家の娘、シェリル・インデリカートさんが女性目線にこだわって造ったブランドの1本「ハンドクラフト プティ・シラー 2015」。女性が喜ぶ要素...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
評価高まるNZのワイナリー、セレシン・エステイトが気軽に飲んでもらえるようにと立ち上げた別ブランドの赤ワイン「モモ ピノ・ノワール 2016」。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
価格は1,254円~と、チリ産らしいお手頃さの「ルート・ワン ヘリテージ・レッド」。根から実まで接木なしの一本木のブドウを使って仕込まれる赤ワイン。名前も...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
特別な日の夕食を格上げにも、自分へのご褒美にもほどよいお値段のニュージーランド産・赤ワインに、翼を授けてもらうってのはいかがでしょう?