【女性醸造家が造る】これこそ本命と言いたい!見つけたらお宝な赤

ワインの生産量で有名な国の産まれではない「新世界ワイン」連載でご紹介している本企画。女性醸造家によるワインも数多く新世界から生まれています。ワイン造りの女神たちが造る1本をご紹介しましょう。

独創的で男っぽくて美味い、比類なきワイン

ワインの名前のとおり、エチケットには暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれたカリフォルニア産「ダークホース ピノ・ノワール」

お値段は1,000円台前半ですが、その味わいは名前に反して本命レベル。ピノ・ノワールのワインでは通常やらない、他のブドウ品種とのブレンドや高温浸漬によって、まろやかな旨みが凝縮したベリー系の濃厚な味わい。それに、果実由来の豊かなアロマ。野太くワイルドな印象だけど、甘すぎない男っぽさが実に美味い!あまりこれまでに知ったことない味わいです。

そんなメンズな印象のワインですが、担当する醸造家はベス・リストンさんという女性っていうのが、理想の男性像をワインに投影したんですか?なんて思ったりしてしまいます。
その彼女のワイン造りは、型にはまらないことを信条としているのだそう。例えば、世界各国から代表的なブドウ品種を選びブレンドしたオールスター品種なワイン造りなど、常識やルールを超えた独創的な発想で取り組みをしているという。
なるほど。だから、「濃く」て「旨い」比類なきワインになるんだと納得。

造り手のペスさん曰く「ワイン造りはトレジャーハント」なのだとか。より良く新しい手法で未開な美味しさを探求していることを宝探しの旅に喩えているんですね。
ワインを探す消費者も、このリーズナブルな値段で濃厚な赤ってお宝を見つけられたら、得した気分だしうれしい。

いままで個人的にはノーマークだったけど、運良く出会うことのできた絶品ワイン。まさに大穴=ダークホースだったんですよね。

5875546231668736
©2018 TABI LABO

ダークホース ピノ・ノワール

■産地:アメリカ
■ぶどう:ピノ・ノワール、グルナッシュ
■色:赤
■味わい・風味:ミディアムボディ
■実勢価格:750ml 1,218円~

Top image: © 2018 TABI LABO
ワインの造り手一家の娘、シェリル・インデリカートさんが女性目線にこだわって造ったブランドの1本「ハンドクラフト プティ・シラー 2015」。女性が喜ぶ要素...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
評価高まるNZのワイナリー、セレシン・エステイトが気軽に飲んでもらえるようにと立ち上げた別ブランドの赤ワイン「モモ ピノ・ノワール 2016」。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
特別な日の夕食を格上げにも、自分へのご褒美にもほどよいお値段のニュージーランド産・赤ワインに、翼を授けてもらうってのはいかがでしょう?
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...