【注目の造り手】廉価版などではない、NZ高評価ワイナリーの新ブランド赤ワイン

ワインの生産量で有名な国の産まれではない「新世界ワイン」連載でご紹介している本企画。数ある新世界ワインの中には、クリエイターと表現してもいい“注目の造り手”によるワインも登場しています。

ワイナリーの成長を物語る“Jr.ブランド”ワイン

さて、前回の連載で紹介した造り手セレシン・エステイト。設立者のマイケル・セレシンは映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の撮影監督をやっていた人物で、あの驚くようなシーンが展開する撮影技術を考案したように、開拓精神にあふれたワインの造り手のようです。

ワイナリーが設立されたニュージーランドのマールボロ地区は、当初ブドウ栽培とは無縁の放牧地帯だったといいます。しかし、日照量多さや周囲の山脈から大自然の恩恵をいかんなく受けられるなど条件も揃い、彼とその仲間の努力によって、今では最高峰のソーヴィニヨン・ブランの産地になっているほど。
その地で、真摯にワイン造りを続けた結果、世界的に有名なイギリスのワインライターであるジャンシス・ロビンソンからニュージーランドTOP4生産者のひとつに評価されるほどに至りました。

評価の一方、変わらぬ手づくりの姿勢と高まる人気もあり、ワインの価格が抑えにくい状況がありました。そこで、気軽に飲めるようにと別ブランドMOMO(モモ)を立ち上げます。

4786370761457664
©2018 TABI LABO

この赤ワインモモ ピノ・ノワール 2016」はそうして生まれた1本。

ブラックベリーやプラムといった果実フレーバーがある味わいながら、細やかなタンニンも感じられる複雑な表情をもつ味わい。でも、それらがバランスの良いボリュームで生産された土地の恩恵を感じるミネラル感溢れるフィニッシュさも魅力的。

このブランド名のモモは、ニュージランドの原住民マオリ族の言葉で 「子孫」を意味するとのこと。マールボロ地区で最初に自然派ワインを生み出したセレシン・エステイトにとっての新世代、って位置付けなんでしょうかね。

よくフランスの名門ワインブランドには、「ル・プティ」とか「レ・フォール」なんて名前をつけたセカンドブランド=廉価版なんかもありますが、このモモはちょっと違う印象。開拓者を起源に、その土地で子孫も増えて大家族として隆盛していく物語。そんな姿を見るような、造り手としての幅の広がりさえ感じさせます。

セレシン・エステイトのワインはすでに評価も高いですが、さらに大スターなワイナリーになる前に味を知っておくのも楽しいワイン選びになるはず。その成長を見届ける証に「モモ ピノ・ノワール2016」を手に入れておくのはオススメですよ。

モモ ピノ・ノワール 2016

■産地:ニュージーランド
■ぶどう:ピノ・ノワール
■色:赤
■味わい・風味:辛口・ミディアムボディ
■実勢価格:750ml 2,480円~

Top image: © 2018 TABI LABO
「ハリー・ポッター3」の撮影監督も務めたマイケル・セレシンが設立したワイナリーの「セレシン・エステイト シャルドネ 2015」は手づくりにこだわる
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
ワインの造り手一家の娘、シェリル・インデリカートさんが女性目線にこだわって造ったブランドの1本「ハンドクラフト プティ・シラー 2015」。女性が喜ぶ要素...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
特別な日の夕食を格上げにも、自分へのご褒美にもほどよいお値段のニュージーランド産・赤ワインに、翼を授けてもらうってのはいかがでしょう?
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...