【注目の造り手】NZの手づくりワインが魔法をかけたようにウマい!

ワインの生産量で有名な国の産まれではない「新世界ワイン」を連載でご紹介している本企画。広い世界にたくさんのワインがあるように、造り手のほうも数え切れないほどに。中には、クリエイターと表現したほうがいい、信念と弛まぬ努力、そして想像力にあふれた方もいます。

手間をかけて大地の恵を表現したワイン

実は昔から、異業種で活躍していた著名人がワイン造りに参入するということは多いんです。道楽なのか、趣味なのか。いやいや、本当にワイン好きが講じて自分の納得いくものを造りたい、極めたいと思うのか。とにかく、セレブが経営するワイナリーはいろんなワイン産地に存在します。
古くは映画監督のフランシス・フォード・コッポラなどがいますし、歌手のスティング。俳優ブラッド・ピットなどといったショービズの有名人。それに、2002年サッカーW杯日本代表を率いたフィリップ・トルシエや今年Jリーグにやってきたアンドレス・イニエスタといったフットボールの世界からも。

そんな中でも、この人のこだわりには関心します。
人気シリーズの3作目、映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の撮影監督を務めたマイケル・セレシン。ニュージーランド出身の彼は、1992年にセレシン・エステイトというワイナリーを地元に設立。
創立当初から一貫して「ハンドクラフト(=手づくり)」にこだわり、丁寧なワイン造りで高い評価を受けるように至りました。

4798249852469248
©2018 TABI LABO

ご紹介する「セレシン・エステイト シャルドネ 2015」のエチケットを見れば、そのこだわりもよくわかるもの。まさに「手づくり」といったイメージそのままの手形のデザインには、「心をこめられているもの」という意味もあり、1本1本丹精込めて造り上げているワイナリーの姿勢を表現。

また、「心がこもっているもの」=「生きている」という考え方でビオディナミ農法も実践。大地が持つ力やそこに棲む微生物たちの滞在的な力を引き出し、栄養分やミネラルを十分に吸って育つブドウからワインを生み出しています。

液色は淡い金色帯びた風合い。トロピカルフルーツとほのかな樽香が漂いながら濃厚で柔らかい骨格にリッチな口当たり。それでいてしっかりとした酸もあり、糖度と酸度の見事なバランス。

丁寧な作業で魔法にかかったみたいな味わいを発揮するセレシン・エステイトのワイン。
このワインに魅了され、毎年世界中から多くの若者がこの素晴らしいワイナリーで経験を重ねようと集まります。あのホグワーツの学校が魔法使いを世に送り出したみたいに、大地の力をワインに吹き込む魔法のような技をもつ醸造家が新たに生まれるんでしょうね。

そんなワイナリーの真摯な思いと手間で作られ、口の中に魔法のように味わいが広がる1本。味の虜になってしまはないか、お試しになるのもいかがでしょう。

セレシン・エステイト シャルドネ 2015

■産地:ニュージーランド
■ぶどう:シャルドネ
■色:白
■味わい・風味:辛口
■実勢価格:750ml 2,150円~

Top image: © 2018 TABI LABO
評価高まるNZのワイナリー、セレシン・エステイトが気軽に飲んでもらえるようにと立ち上げた別ブランドの赤ワイン「モモ ピノ・ノワール 2016」。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ワインの造り手一家の娘、シェリル・インデリカートさんが女性目線にこだわって造ったブランドの1本「ハンドクラフト プティ・シラー 2015」。女性が喜ぶ要素...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
エチケットに暗い色の馬の額とワイングラスをコラージュした図柄が描かれた「ダークホース ピノ・ノワール」。お値段は1,000円台前半。その味わいは名前に反し...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...