みんな集まれ、手巻き寿司! ってときのスパークリング

ひと足先に夏休み、とばかり実家に帰ったんです。そこで、このワインの味わい方を発見!

これ、みんなでワイワイとやる手巻き寿司にマッチするスパークリングワイン。
お手頃で旨いワインの産地、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」

お値段は、1,598円〜とチリワインにしてはさほど安くない印象。
でも、これシャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵スパークリングワイン
手間がかかる分、値がはりがちなのにこの価格は、破格!

見た目の泡立ちも華やかだし、口に含めば高揚感もある。
泡の中から立ち上がる芳醇な果実感は、心地よく口の中にひろがります! 
シャルドネを100%使い、豊かな果実味に彩られたところが、まさに新世界スパークリング。

で、この爽やかでいて、キツすぎずない程よい泡と柑橘フレーバーの具合がポイント。
親戚一同も集まって大勢で食べた手巻き寿司の魚臭さを消してくれて、 口当たりがさっぱり。
だから、近況を交換したり、甥っ子にちょっかいだす口も滑らか。会話をスムーズにしてくれるワイン。
そして、香りほど口の中に甘さが強く残らないので、酢飯と合わせても、手巻き寿司の味わいを邪魔しない。

スパークリングの栓を開けるイベント感と注いだときのシュワシュワな見た目って、大人数が集まる場では妙に楽しげ。
うん、このワイン、パーティ向けってことなんでしょうね。

ワインをよく知らない叔母は、「わー、シャンパン、シャンパン」と勘違いしてましたが、ありがたがる姿を見てたら、どーでもいいや、と温かく見守れます。

ワインひとつで集まるみんなの笑顔が生まれるんですから、持参したこちらもなんとなく平和を守るヒーロー気分。
エチケットのデザインもどことなく、スーパーマンっぽい形してますしね。

©2018 TABI LABO

サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット

■産地:チリ
■ぶどう:シャルドネ
■色:白スパークリング
■味わい・風味:辛口フルボディ
■実勢価格:750ml  1,598円~

Top image: © 2018 TABI LABO
「新世界ワイン」まとめ

関連する記事

新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
自然派ワインを好む人たちのあいだで注目されている、微発泡ワイン「ペットナット」について。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
「ZARA」は5月12日に、ヨーロッパ、アメリカ、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、5月13日に日本、中国でメイクアップコレクション「ZARA BE...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
SUSHI × エンターテインメントで次世代型の高級出張&出前寿司を展開する「SUSHI+」。寿司職人の岡林義明さんが、秘伝の「シャリ」を教えてくれました!
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
価格は1,254円~と、チリ産らしいお手頃さの「ルート・ワン ヘリテージ・レッド」。根から実まで接木なしの一本木のブドウを使って仕込まれる赤ワイン。名前も...
江戸前寿司チェーン「板前寿司」より、自宅でも本格生本まぐろが楽しめる「板前 手巻きファミリー寿司セット15本分」が発売。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...