【今さら聞けない】「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違い

知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。
あらためて、詳しくまとめています!

1.スパークリングワインは発泡性ワインの総称

スパークリングワイン

そもそも、スパークリングワインとは発泡性ワインの総称で、シャンパンもスパークリングワインに含まれます。各国の法律で、産地や製法、ぶどうの品種によるワインの名称の規制が設けられ、シャンパンもフランスの法律で規定されているのです。そんなスパークリングワインの製法は、大きく分けて3種類あります。

一つ目は瓶内で発酵させる方法で、シャンパーニュ方式とも呼ばれるものです。糖分と酵母を加えて、瓶内でゆっくりと時間をかけて発酵し、熟成させることで、きめの細かい泡となります。

二つ目は密閉耐圧タンクで発酵させる方法で、シャルマ方式といわれます。

三つ目は、ワインに二酸化炭素を加えるもので、比較的リーズナブルなスパークリングワインに用いられている方法です。

スパークリングワインの味わいは造り手による違いもありますが、製法やぶどうの品種、産地の気候によって異なります。

2.シャンパンと名乗るにはどのような条件がある?

シャンパン

では、スパークリングワインの中でも、シャンパンと名乗るためには、フランスの法律によってどのように規定されているのかみていきましょう。まず、シャンパンの産地は、フランスのシャンパーニュ地方でつくられていることが原則です。

ぶどうの品種は、ピノ・ノワール、ムニエ、シャルドネだけが認められています。そして製法は、シャンパーニュ方式と呼ばれる瓶内で発酵させる自然な醸造法でつくられることが決められています。

実際には、使用されるぶどうの面積当たりの収穫高の制限や醸造期間など、細かな規定があります。
こうした全ての条件を満たしたスパークリングワインが品質検査に合格して、「シャンパーニュ(シャンパン)」と名乗ることができるのです。シャンパンには、「Champagne」のラベルが取り付けられていますので、ラベルを見るだけで判別できます。

3.お得なシャンパンと同じ製法のスパークリングワイン

同じ製法で作られたスパークリングワイン

シャンパーニュ地方以外でも、シャンパンと同じ製法でつくられているスパークリングワインがあります。価格的に4000円以上はするシャンパンよりもリーズナブルで、同じような味わいが楽しめます。スペインのカタルーニャ地方でつくられるカヴァは、ぶどうの品種はシャンパンと同じピノワールとシャルドネも認められていますが、主要品種はマカベオ、パレリャーダ、チャレッロです。1000円台後半からとコストパフォーマンスに優れているのも魅力です。

イタリアのものでは、ロンバルディア州東部のフランチャコルタ地方でつくられる、フランチャコルタが挙げられます。ぶどうの品種はシャルドネのほか、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロが使われています。ただし、フランチャコルタはイタリアを代表するスパークリングワインであり、カヴァよりも高価です。フランスでシャンパンと同じ製法でつくられたスパークリングワインには、クレマンがあります。ぶどうの品種もシャンパンと同じピノ・ノワール、シャルドネが使われており、細かな泡が楽しめます。

デートでシャンパンを頼むなら、シャンパンは何が違うかといった話ができるでしょう。しかし、シャンパンは価格的にハードルが高いもの。例えば、デートの際にスパークリングワインをオーダーして、シャンパンと同じ製法でつくられているといった話をしてみては。お得に美味しく味わえるスパークリングワインを楽しんでみましょう。

いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「なんとなく」は知っていても、いざその違いを言葉で説明しようとすると難しいことってありますよね。例えば「シャンパンとスパークリングワインの違い」や「カプチ...
家飲みで余ってしまったシャンパンやスパークリングワイン、どうしていますか?「炭酸が抜けたらおいしくないから捨てちゃってるよ」なんて人がいたら、「PureW...
2018年のMLBワールドシリーズも佳境。優勝あとの恒例行事「シャンパンファイト」についてです。
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
英国を周っている、このバンが何を運んでくれるのかって言うと、ドアに書いてある通りの『プロセッコ』。イタリア・ヴェネト州で育ったぶどうを使う、スパークリング...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...