【今さら聞けない】「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違い

知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。
あらためて、詳しくまとめています!

1.スパークリングワインは発泡性ワインの総称

スパークリングワイン

そもそも、スパークリングワインとは発泡性ワインの総称で、シャンパンもスパークリングワインに含まれます。各国の法律で、産地や製法、ぶどうの品種によるワインの名称の規制が設けられ、シャンパンもフランスの法律で規定されているのです。そんなスパークリングワインの製法は、大きく分けて3種類あります。

一つ目は瓶内で発酵させる方法で、シャンパーニュ方式とも呼ばれるものです。糖分と酵母を加えて、瓶内でゆっくりと時間をかけて発酵し、熟成させることで、きめの細かい泡となります。

二つ目は密閉耐圧タンクで発酵させる方法で、シャルマ方式といわれます。

三つ目は、ワインに二酸化炭素を加えるもので、比較的リーズナブルなスパークリングワインに用いられている方法です。

スパークリングワインの味わいは造り手による違いもありますが、製法やぶどうの品種、産地の気候によって異なります。

2.シャンパンと名乗るにはどのような条件がある?

シャンパン

では、スパークリングワインの中でも、シャンパンと名乗るためには、フランスの法律によってどのように規定されているのかみていきましょう。まず、シャンパンの産地は、フランスのシャンパーニュ地方でつくられていることが原則です。

ぶどうの品種は、ピノ・ノワール、ムニエ、シャルドネだけが認められています。そして製法は、シャンパーニュ方式と呼ばれる瓶内で発酵させる自然な醸造法でつくられることが決められています。

実際には、使用されるぶどうの面積当たりの収穫高の制限や醸造期間など、細かな規定があります。
こうした全ての条件を満たしたスパークリングワインが品質検査に合格して、「シャンパーニュ(シャンパン)」と名乗ることができるのです。シャンパンには、「Champagne」のラベルが取り付けられていますので、ラベルを見るだけで判別できます。

3.お得なシャンパンと同じ製法のスパークリングワイン

同じ製法で作られたスパークリングワイン

シャンパーニュ地方以外でも、シャンパンと同じ製法でつくられているスパークリングワインがあります。価格的に4000円以上はするシャンパンよりもリーズナブルで、同じような味わいが楽しめます。スペインのカタルーニャ地方でつくられるカヴァは、ぶどうの品種はシャンパンと同じピノワールとシャルドネも認められていますが、主要品種はマカベオ、パレリャーダ、チャレッロです。1000円台後半からとコストパフォーマンスに優れているのも魅力です。

イタリアのものでは、ロンバルディア州東部のフランチャコルタ地方でつくられる、フランチャコルタが挙げられます。ぶどうの品種はシャルドネのほか、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロが使われています。ただし、フランチャコルタはイタリアを代表するスパークリングワインであり、カヴァよりも高価です。フランスでシャンパンと同じ製法でつくられたスパークリングワインには、クレマンがあります。ぶどうの品種もシャンパンと同じピノ・ノワール、シャルドネが使われており、細かな泡が楽しめます。

デートでシャンパンを頼むなら、シャンパンは何が違うかといった話ができるでしょう。しかし、シャンパンは価格的にハードルが高いもの。例えば、デートの際にスパークリングワインをオーダーして、シャンパンと同じ製法でつくられているといった話をしてみては。お得に美味しく味わえるスパークリングワインを楽しんでみましょう。

大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
「なんとなく」は知っていても、いざその違いを言葉で説明しようとすると難しいことってありますよね。例えば「シャンパンとスパークリングワインの違い」や「カプチ...
家飲みで余ってしまったシャンパンやスパークリングワイン、どうしていますか?「炭酸が抜けたらおいしくないから捨てちゃってるよ」なんて人がいたら、「PureW...
英国を周っている、このバンが何を運んでくれるのかって言うと、ドアに書いてある通りの『プロセッコ』。イタリア・ヴェネト州で育ったぶどうを使う、スパークリング...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
ちびちびとシャンパンを飲むのもいいけど、グイッといきたい。そんな時にオススメのアイテムがあります。シャンパンを一気に飲めるグラス登場!アメリカ国内で発売さ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
かつて恵比寿にあった『ハミングバーズヒルショップ』で購入したナバホ族のシルバーリングです。これまでつけたどの指輪よりもフィットしています。
カプチーノとラテ、あなたはどちらが好きですか? そもそも両者の違いをはっきりと説明できますか?これだけコーヒー文化が定着した現在、いまさら聞けないその違い...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
アメリカで発売された指輪型デバイス「Token」は支払い、車や家のロック、PC・サイトへのログインを瞬間的に可能にする最新ツール。指紋認証付きでセキュリテ...