【今さら聞けない】「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違い

知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。
あらためて、詳しくまとめています!

1.スパークリングワインは発泡性ワインの総称

スパークリングワイン

そもそも、スパークリングワインとは発泡性ワインの総称で、シャンパンもスパークリングワインに含まれます。各国の法律で、産地や製法、ぶどうの品種によるワインの名称の規制が設けられ、シャンパンもフランスの法律で規定されているのです。そんなスパークリングワインの製法は、大きく分けて3種類あります。

一つ目は瓶内で発酵させる方法で、シャンパーニュ方式とも呼ばれるものです。糖分と酵母を加えて、瓶内でゆっくりと時間をかけて発酵し、熟成させることで、きめの細かい泡となります。

二つ目は密閉耐圧タンクで発酵させる方法で、シャルマ方式といわれます。

三つ目は、ワインに二酸化炭素を加えるもので、比較的リーズナブルなスパークリングワインに用いられている方法です。

スパークリングワインの味わいは造り手による違いもありますが、製法やぶどうの品種、産地の気候によって異なります。

2.シャンパンと名乗るにはどのような条件がある?

シャンパン

では、スパークリングワインの中でも、シャンパンと名乗るためには、フランスの法律によってどのように規定されているのかみていきましょう。まず、シャンパンの産地は、フランスのシャンパーニュ地方でつくられていることが原則です。

ぶどうの品種は、ピノ・ノワール、ムニエ、シャルドネだけが認められています。そして製法は、シャンパーニュ方式と呼ばれる瓶内で発酵させる自然な醸造法でつくられることが決められています。

実際には、使用されるぶどうの面積当たりの収穫高の制限や醸造期間など、細かな規定があります。
こうした全ての条件を満たしたスパークリングワインが品質検査に合格して、「シャンパーニュ(シャンパン)」と名乗ることができるのです。シャンパンには、「Champagne」のラベルが取り付けられていますので、ラベルを見るだけで判別できます。

3.お得なシャンパンと同じ製法のスパークリングワイン

同じ製法で作られたスパークリングワイン

シャンパーニュ地方以外でも、シャンパンと同じ製法でつくられているスパークリングワインがあります。価格的に4000円以上はするシャンパンよりもリーズナブルで、同じような味わいが楽しめます。スペインのカタルーニャ地方でつくられるカヴァは、ぶどうの品種はシャンパンと同じピノワールとシャルドネも認められていますが、主要品種はマカベオ、パレリャーダ、チャレッロです。1000円台後半からとコストパフォーマンスに優れているのも魅力です。

イタリアのものでは、ロンバルディア州東部のフランチャコルタ地方でつくられる、フランチャコルタが挙げられます。ぶどうの品種はシャルドネのほか、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロが使われています。ただし、フランチャコルタはイタリアを代表するスパークリングワインであり、カヴァよりも高価です。フランスでシャンパンと同じ製法でつくられたスパークリングワインには、クレマンがあります。ぶどうの品種もシャンパンと同じピノ・ノワール、シャルドネが使われており、細かな泡が楽しめます。

デートでシャンパンを頼むなら、シャンパンは何が違うかといった話ができるでしょう。しかし、シャンパンは価格的にハードルが高いもの。例えば、デートの際にスパークリングワインをオーダーして、シャンパンと同じ製法でつくられているといった話をしてみては。お得に美味しく味わえるスパークリングワインを楽しんでみましょう。

関連する記事

「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
自然派ワインを好む人たちのあいだで注目されている、微発泡ワイン「ペットナット」について。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
「アダストリア」が、選べるデザインが限られる人に向けた服を開発・販売するインクルーシブファッションサービス「Play fashion! for ALL」を...
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
家飲みで余ってしまったシャンパンやスパークリングワイン、どうしていますか?「炭酸が抜けたらおいしくないから捨てちゃってるよ」なんて人がいたら、「PureW...
2018年のMLBワールドシリーズも佳境。優勝あとの恒例行事「シャンパンファイト」についてです。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...