空き瓶からできた「江戸切子のバングル」

硝子加工専門の「GLASS-LAB」が、スパークリングワインの空き瓶を再利用したガラスのバングル「GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”」を新発売。

7月1日(木)よりオンラインストアでの販売がスタートした。

©GLASS-LAB株式会社

“身に着けるSDGs”をコンセプトに、伝統的な江戸切子の技術を応用し、加工された今回のバングル。

デザインは、東京都主催の「東京手仕事」にてマッチングした「design shop YU」のデザイナー藤田優惟子氏が手がけた。

©GLASS-LAB株式会社
©GLASS-LAB株式会社
©GLASS-LAB株式会社
©GLASS-LAB株式会社

カラーバリエーションは、写真上から順に「サスティナブルクリア」「サスティナブルブラック」「サスティナブルホワイト」「サスティナブルグリーン」の4種類。どの柄もシンプルで、幅広いスタイリングにさりげなく華をプラスしてくれそう。

夏の装いにぜひ取り入れてみてはいかが。

©GLASS-LAB株式会社

『GLASS-LAB NEW PRODUCT “WA”』

【価格】1万8370円(税込)
【ECサイト】https://glasslab.official.ec/

Top image: © GLASS-LAB株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事