刺繍で彩る、エコフレンドリーな公衆ベンチが素敵!

とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡散。注目を浴びることになりました。

実はこれ、イスラエルのアーティスト・Talya Adiさんのプロジェクト。古い衣服の生地をベンチに編み込んでいます。水着をつかうと雨による経年劣化を軽減できるのだとか。

華やか!
街を彩る刺繍入りベンチ

ベンチに開いた小さな穴をみて、おばあちゃんの刺繍を連想したという彼女。

子どもたちも楽しそう。模様のモチーフになっている花や葉っぱもかわいい。

編み込みの作業に地元の人を積極的に招待していったところ、どんどん参加者が増えて、いつの間にかプロジェクトに発展したそう。その後もさまざまな都市へ訪れ、その土地に住む住民たちと一緒にベンチを彩っていくことに。

こちらもたくさんの葉っぱが編まれています。

しかし、何やら鳥のような頭が付いていき…。

できあがりはなんと孔雀に!

緑色のベンチは、よりカラフルな出来栄え。

ビビッドなカラーのハート柄やジグザグ模様も映えます。

公衆ベンチって、どこか無機質で冷たく固い印象が。その点、要らなくなった布で、見た目や座り心地に温かみを加えられるのは魅力的なアイデアかもしれません。年齢を問わず誰にでも参加できるのも、いいところですよね。

Licensed material used with permission by Talya Adi
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
刺繍アーティストのDanielle Cloughが作品を編みこむキャンバスとして選んだのは、なんとビンテージ品のテニスラケット!ガットに糸を通してカラフル...
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
「Y-3」が今月上旬から2020年春夏コレクションの第1弾「Craft」を順次展開中。注目は“暴走族”から着想を得た刺繍Tシャツやボンバージャケットだ。
5月、ニューヨークのタイムズスクエアに設置された“ベンチ”があります。自動車が暴走してくるような緊急時には衝突の衝撃を吸収して車両を停止。歩行者を守ってく...
大阪・梅田に店舗を構える「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が、古着をリメイクしたマスクカバーとマスクバッグをオンラインショップにて販売中。
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
日本人が多く住んでいるエリアとして知られている韓国・ソウルの二村洞(イチョンドン)にある、根っこのようなベンチ。意外と便利そうなんです。
楽しい楽しい休み時間。友達と一緒に思いっきり遊びたいところですが、もし相手が見つからなくて、ひとりぼっちになってしまったら…?そんな悲しい思いをしないで済...
伊・ミラノのデザインスタジオ「antonio lanzillo」が、ガラスの仕切りがついたベンチのデザインを発表。接触や飛沫を防げるほか、デザイン性も優れ...
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
通訳付きのため、英語が苦手で海外のオンラインサービスをこれまで利用できなかった人でも安心して受講できるオンラインヨガイベントが、8月8日~16日に開催され...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、17種類紹介!
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。