自動車の暴走から守る「頼もしいベンチ」

このところ頻繁に世間を騒がせる自動車の暴走事故。ブレーキとアクセルを踏み間違えたというものもあれば、故意に行われる犯罪もあります。いくら事前に対策を練ろうと防ぎきれないときもあるわけで……。

これに対し、ニューヨークではこんな対策を講じています。

上に見られるのは、5月にタイムズスクエアに設置された“ベンチ”のイメージ図。通常時は通行人が休むためのベンチ。でも、自動車が暴走してくるような緊急時には衝突の衝撃を吸収して車両を停止。歩行者を守ってくれる役割を担います。

タイムズスクエアといえば、2017年に自動車が歩行者に突っ込み、20人以上が死亡した事件が起きた場所。このベンチには、悲惨な事態が二度と起きないようにという願いも込められています。

日本でも対策を講じる上で、これは参考にできるアイデアのひとつかもしれません。

Top image: © Joe Doucet 2019
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
日本人が多く住んでいるエリアとして知られている韓国・ソウルの二村洞(イチョンドン)にある、根っこのようなベンチ。意外と便利そうなんです。
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
楽しい楽しい休み時間。友達と一緒に思いっきり遊びたいところですが、もし相手が見つからなくて、ひとりぼっちになってしまったら…?そんな悲しい思いをしないで済...
2020年春、タイムズスクエアに「Museum of Broadway(ミュージアム オブ ブロードウェイ)」が期間限定でオープン。エキシビションは3つの...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
ジンバブエ発祥の「The Friendship Bench」は、おばあちゃんとコミュニケーションをとって、こころの病気を治療するサービスです。現在はNY市...
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
ニューヨークにある国連本部の敷地内に設置されたベンチ「The Best Weapon(ザ ベスト ウェポン)」。これ、訳すと「最強の武器」という意味。「外...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
「Platio」が開発したのは、ソーラーパネルを搭載したベンチ。これだけ聞けば、大したことないと考える人もいるでしょう。でも、すでにブダペストの街中に置か...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...