銀座線に設置された「デスク&ベンチ」 知られざる、その機能に迫る

さる3月29日、東京メトロがビジネスパーソンに向けて、エキナカワークスペースとして溜池山王駅と表参道駅、銀座駅に無料のコンセント付きワークデスクやベンチを設置するというニュースが流れた。

当該駅を日常的に利用する人を除けば、なんということのないトピックかもしれない。けれども、このワークデスクは多くの都市生活者のライフスタイルを変える可能性を秘めたプロダクトだ。
160418_desk-bench_001

160418_desk-bench_002上の画像は、実際に溜池山王駅・表参道駅のホームやコンコースの空きスペースに設置されたデスク&ベンチである。

駅に設置されるプロダクトにしては洒落てる、というのが大方の感想だろう。たしかに、木材の質感を活かした作りは、従来の駅のベンチなどとは一線を画す。でも、それだけじゃない。このワークデスク&ベンチの機能にこそ注目したい。

コンサートホールの技術が
応用されたワークデスク

まずは溜池山王駅のコンコースとホームに設置されたスタンディングデスク(写真はコンコース)。現代版電話ボックスといった風情だが、さもありなん。デスクごとに電源コンセントやミラー、荷物用のフックが用意されているなど、気が効いている。いろいろな使い方ができそうだ。
160418_desk-bench_004この木の壁はコンサートホールなどに採用される音域をチューニングする音響技術を応用したもので、ブースの中の空間に心地よい音場を作り出す仕組み。これにより自分の声を聞き取りやすくなるため、地下鉄構内においてスマートフォンで会話する際、大声を出したり、聞き返したりすることは、少なくなりそうだ。
160418_desk-bench_005また、上部に設置されたシャワーヘッドを彷彿とさせるライトにもこだわりが。LEDを採用し、明るすぎず、暗すぎない、絶妙な加減で落ち着いた空間演出がなされている。

使い勝手の秘密は、
“高さ”と“天板の下”に!

160418_desk-bench_006こちらのベンチは表参道駅のホームに設置されたものだが、ただ座るだけでなく、ちょっとバッグを置くのにも最適な高さが計算されている。カバンの中を整理するビジネスマンに便利な作りなのは言わずもがな。赤ちゃんを抱っこして、ママバッグを持って……何かと荷物の多いファミリー層も重宝しそうだ。

また、ノートPCで少しだけ急ぎの作業をしたいビジネスマンには、デスクも併設されている。ポイントは天板の下にあるフック。ブリーフケースやトートバッグをひっかけておけば、床に置かなくてすむ。些細な仕掛けだが、利用シーンにおけるニーズをしっかりと汲みとっているのがうれしい。

デザインの背景にある思いとは?

これらのプロダクトをデザインしたのは、社会にイノベーションをもたらすアクティビティデザインをコンセプトに掲げるNAD(NIKKEN ACTIVITY DESIGN lab)。

「電車(地下)と街(地上)をつなげていくような場を作りたかったんです。少しの待ち時間をうまく使えたり、街へ出てゆく前の気持ちを整えて、ちょっとだけライフスタイルが変わるような」

とは、NADのストラテジストである安田啓紀氏の言葉。たしかに地下鉄駅という公共空間は、基本的には電車に乗るための場所だが、実際には電話をしたり、メールを送ったり、会話をしたり、座って休んだりといった、さまざまなアクティビティが存在する。

「それらをサポートする、“止まり木”のような存在に、今回設置されたデスク&ベンチがなってくれればいいですね」

設置期間は2016年12月まで。溜池山王駅と表参道駅、銀座駅での試行となっているが、常設を期待したい。

Licensed material used with permission by NAD

関連する記事

2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
壁掛け式のコンパクトデスク「タナプラスS」は、ホッチキスで固定する石膏ボード用固定金具「壁美人」を採用しており、壁が傷つかない。そして、どんな場所でも簡単...
日本人が多く住んでいるエリアとして知られている韓国・ソウルの二村洞(イチョンドン)にある、根っこのようなベンチ。意外と便利そうなんです。
5月、ニューヨークのタイムズスクエアに設置された“ベンチ”があります。自動車が暴走してくるような緊急時には衝突の衝撃を吸収して車両を停止。歩行者を守ってく...
殺人事件の現場に引かれる白い線。そんな現場に立ち会ったことがなくても、刑事ドラマなどで見たことがある人も多いはず。あれは、遺体の状況を白線で記しておくと、...
「働きたくない」と感じながら働いているのは、あなただけではありません。誰もが一度は経験するこの気持ち、どうやって向き合えばいいのでしょう?今記事では働きた...
2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
伊・ミラノのデザインスタジオ「antonio lanzillo」が、ガラスの仕切りがついたベンチのデザインを発表。接触や飛沫を防げるほか、デザイン性も優れ...
南アフリカの国立公園に突如、まったく動かない鉄道車両が現れた。そう、この鉄道こそが2020年12月にオープンするラグジュアリーホテル「Kruger Sha...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
太陽光利用型植物工場にワークスペースを装備したスペース「Veggie_Works」設置され、アグリワーケーション施設として2021年2月から運用開始。
欧州で累計販売数3万個を突破。在宅ワークにおける生産性と快適性を追求したPCデスクが日本上陸。
自分の「幸福度」を高める、働き方。
五感を刺激する森のワークスペース「木々薫る」は、緑豊かな空間でリラックスしながら仕事に取り組むことで、ストレス軽減や知的生産性の向上が期待できる働き方改革...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
住所非公開、完全会員制。アイソレーションタンク、メディテーションルーム、クリエイティブラウンジを併設した新時代のリトリートラウンジ「UNBORN」がオンラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
11月下旬、ペットケア製品を展開する企業「Mars Petcare」が開催した「Comedy Pet Photo Awards 2020」の総合優勝作品が...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...