銀座線に設置された「デスク&ベンチ」 知られざる、その機能に迫る

さる3月29日、東京メトロがビジネスパーソンに向けて、エキナカワークスペースとして溜池山王駅と表参道駅、銀座駅に無料のコンセント付きワークデスクやベンチを設置するというニュースが流れた。

当該駅を日常的に利用する人を除けば、なんということのないトピックかもしれない。けれども、このワークデスクは多くの都市生活者のライフスタイルを変える可能性を秘めたプロダクトだ。
160418_desk-bench_001

160418_desk-bench_002上の画像は、実際に溜池山王駅・表参道駅のホームやコンコースの空きスペースに設置されたデスク&ベンチである。

駅に設置されるプロダクトにしては洒落てる、というのが大方の感想だろう。たしかに、木材の質感を活かした作りは、従来の駅のベンチなどとは一線を画す。でも、それだけじゃない。このワークデスク&ベンチの機能にこそ注目したい。

コンサートホールの技術が
応用されたワークデスク

まずは溜池山王駅のコンコースとホームに設置されたスタンディングデスク(写真はコンコース)。現代版電話ボックスといった風情だが、さもありなん。デスクごとに電源コンセントやミラー、荷物用のフックが用意されているなど、気が効いている。いろいろな使い方ができそうだ。
160418_desk-bench_004この木の壁はコンサートホールなどに採用される音域をチューニングする音響技術を応用したもので、ブースの中の空間に心地よい音場を作り出す仕組み。これにより自分の声を聞き取りやすくなるため、地下鉄構内においてスマートフォンで会話する際、大声を出したり、聞き返したりすることは、少なくなりそうだ。
160418_desk-bench_005また、上部に設置されたシャワーヘッドを彷彿とさせるライトにもこだわりが。LEDを採用し、明るすぎず、暗すぎない、絶妙な加減で落ち着いた空間演出がなされている。

使い勝手の秘密は、
“高さ”と“天板の下”に!

160418_desk-bench_006こちらのベンチは表参道駅のホームに設置されたものだが、ただ座るだけでなく、ちょっとバッグを置くのにも最適な高さが計算されている。カバンの中を整理するビジネスマンに便利な作りなのは言わずもがな。赤ちゃんを抱っこして、ママバッグを持って……何かと荷物の多いファミリー層も重宝しそうだ。

また、ノートPCで少しだけ急ぎの作業をしたいビジネスマンには、デスクも併設されている。ポイントは天板の下にあるフック。ブリーフケースやトートバッグをひっかけておけば、床に置かなくてすむ。些細な仕掛けだが、利用シーンにおけるニーズをしっかりと汲みとっているのがうれしい。

デザインの背景にある思いとは?

これらのプロダクトをデザインしたのは、社会にイノベーションをもたらすアクティビティデザインをコンセプトに掲げるNAD(NIKKEN ACTIVITY DESIGN lab)。

「電車(地下)と街(地上)をつなげていくような場を作りたかったんです。少しの待ち時間をうまく使えたり、街へ出てゆく前の気持ちを整えて、ちょっとだけライフスタイルが変わるような」

とは、NADのストラテジストである安田啓紀氏の言葉。たしかに地下鉄駅という公共空間は、基本的には電車に乗るための場所だが、実際には電話をしたり、メールを送ったり、会話をしたり、座って休んだりといった、さまざまなアクティビティが存在する。

「それらをサポートする、“止まり木”のような存在に、今回設置されたデスク&ベンチがなってくれればいいですね」

設置期間は2016年12月まで。溜池山王駅と表参道駅、銀座駅での試行となっているが、常設を期待したい。

Licensed material used with permission by NAD

価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
殺人事件の現場に引かれる白い線。そんな現場に立ち会ったことがなくても、刑事ドラマなどで見たことがある人も多いはず。あれは、遺体の状況を白線で記しておくと、...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
楽しい楽しい休み時間。友達と一緒に思いっきり遊びたいところですが、もし相手が見つからなくて、ひとりぼっちになってしまったら…?そんな悲しい思いをしないで済...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
毎日忙しく仕事をしている人だからこそ共感できる、あるあるな日常。文字がほとんどないためスラスラ読んで楽しめちゃう。ちょっとした息抜きに読んだら意外にストレ...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...