持ち運びにも便利な組立式「ダンボールデスク」

スタンディングデスクに初挑戦!という人はもちろん、サイズが4種類あるので座って使えるものも選べます。

軽いので持ち運びが簡単。組立にも時間はかかりません。しかも、台の上には最大85kgまでモノを載せられるとあって頑丈さも十分。様々なシーンで使えちゃうかも?

軽くて頑丈
組立にかかる時間は"2分"

デスクの高さは76cmから選べるので、座って使いたい人にもバッチリ。その他には100cm・105cm・110cmとシーンに合わせて選択できます。

横幅/奥行きはそれぞれ110cm/66cm。デスクトップとノートPCの2台使いで作業するにも申し分ないスペースが確保できます。

オフィスや
ミーティングスペースにも

個人用として使うもよし。

グループでも使えます。

気分転換に野外でデスクワーク…なんてタイミングもあるかも?

折りたたんで
どこへでも持ち運べる

重さは1個6.5kgと持ち運びも楽ちん。社内や近場までなら気軽に移動できそう。

しかも画材を運んでいるかのような見た目の通り、実際にデスクにペイントを施しても楽しいのだとか。

キャンバスにもなる!

素材は100%再利用可能なダンボール。デスクに直接メモしたり絵を描いたり、自由に楽しめそう。気になるのは耐水性ですが、もちろん水が浸み込むのはNG。心配な人のためにオプションとして防水ボードが追加できるようになっています。

Refold」はニュージーランド企業ということもあり、同国内から購入する場合は格安で利用できるようです。好みのスタンディングデスクに加え、座って利用するための76cmボードを追加、さらにトップ用の防水ボードも加えたフルセットで260ドル(約2万円)。手軽ですよね。

日本からオーダーする場合は米ドル計算となり、送料込みでデスク1つ250ドル(約3万円)、防水ボード付きは300ドル(約3万7千円)に。

一時的な受付や増設用の予備テーブルとしてあると重宝するかもしれません。気になった人はWEBサイトをチェックしてみては?

Licensed material used with permission by Refold
サンワサプライから、「ERD-M○○○○○LM/M/Wシリーズ」というデスクが発売されました。これ、スマホからでも高さをコントロールできるというのがポイン...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。