持ち運びにも便利な組立式「ダンボールデスク」

スタンディングデスクに初挑戦!という人はもちろん、サイズが4種類あるので座って使えるものも選べます。

軽いので持ち運びが簡単。組立にも時間はかかりません。しかも、台の上には最大85kgまでモノを載せられるとあって頑丈さも十分。様々なシーンで使えちゃうかも?

軽くて頑丈
組立にかかる時間は"2分"

「ダンボールデスク」「ダンボールデスク」「ダンボールデスク」「ダンボールデスク」

デスクの高さは76cmから選べるので、座って使いたい人にもバッチリ。その他には100cm・105cm・110cmとシーンに合わせて選択できます。

横幅/奥行きはそれぞれ110cm/66cm。デスクトップとノートPCの2台使いで作業するにも申し分ないスペースが確保できます。

オフィスや
ミーティングスペースにも

「ダンボールデスク」

個人用として使うもよし。

「ダンボールデスク」

グループでも使えます。

「ダンボールデスク」

気分転換に野外でデスクワーク…なんてタイミングもあるかも?

折りたたんで
どこへでも持ち運べる

「ダンボールデスク」「ダンボールデスク」「ダンボールデスク」

重さは1個6.5kgと持ち運びも楽ちん。社内や近場までなら気軽に移動できそう。

しかも画材を運んでいるかのような見た目の通り、実際にデスクにペイントを施しても楽しいのだとか。

キャンバスにもなる!

「ダンボールデスク」

素材は100%再利用可能なダンボール。デスクに直接メモしたり絵を描いたり、自由に楽しめそう。気になるのは耐水性ですが、もちろん水が浸み込むのはNG。心配な人のためにオプションとして防水ボードが追加できるようになっています。

Refold」はニュージーランド企業ということもあり、同国内から購入する場合は格安で利用できるようです。好みのスタンディングデスクに加え、座って利用するための76cmボードを追加、さらにトップ用の防水ボードも加えたフルセットで260ドル(約2万円)。手軽ですよね。

日本からオーダーする場合は米ドル計算となり、送料込みでデスク1つ250ドル(約3万円)、防水ボード付きは300ドル(約3万7千円)に。

一時的な受付や増設用の予備テーブルとしてあると重宝するかもしれません。気になった人はWEBサイトをチェックしてみては?

Licensed material used with permission by Refold

関連する記事

折り畳み式簡易デスク「SOiRO」が誕生。1人分の十分なワークスペースを確保し、集中力アップ。組み立て時間はおよそ1分で、軽量のため移動もカンタンと、使い...
壁掛け式のコンパクトデスク「タナプラスS」は、ホッチキスで固定する石膏ボード用固定金具「壁美人」を採用しており、壁が傷つかない。そして、どんな場所でも簡単...
欧州で累計販売数3万個を突破。在宅ワークにおける生産性と快適性を追求したPCデスクが日本上陸。
デザイナーEvgeny Maslovさんが生み出した「BUMASK」は、ダンボールでできたマスクだ。実際に着用する際には口元にハンカチなどを入れればOK。...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている、熊本の「御飯の友」。ラクチン...
サンワサプライから、「ERD-M○○○○○LM/M/Wシリーズ」というデスクが発売されました。これ、スマホからでも高さをコントロールできるというのがポイン...
ダンボールを使った工作キットやおもしろ商品を企画・制作する「hacomo」がTwitter投稿した「自動販売機の仕組み」動画。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
新しい形の無人店舗が、コロナ禍であらためて注目されている。東京の「無人店舗」をピックアップ!
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
ワークデスク上や洗面所に置いてもいいし、旅行やアウトドアに持っていっても便利。折りたたみ式なのでかさばらず、ステンレス製なので割れる心配もないハンドミラーです。
「インド工科大学ボンベイ校(IIT Bombay)」バーチャル卒業式を開催。学生と教授はそれぞれアバターを式に参加させ、学位やメダルの授受をおこなった。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
リモートワーカーの増加によるの緊急の需要に応えるため、デンマークの家具スタートアップ「Stykka」が、ダンボールで作ったワークデスクを格安で発売中。使用...
「Makuake」で販売中のダンボールのプライベートスペース「ROOM CRAFT」は、工具不要でカンタンに組み立て可能。しかも自由にカスタマイズできて「...
ソファでPC作業をするのに適したデスクが「Makuake」に登場!人間工学に基づいた設計により、体を痛める心配もなく、くつろいで仕事ができる。
かさばるし重くて持ち運びに不便、そして氷の準備。この面倒をすべてを省いてくれるクーラーボックス!
カメラを手に入れたら、色々な機能を試してみたいものですよね。もちろんスマホのアプリも便利でいいのですが、ここではレゴブロックのように組み立てながら遊べるカ...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
「The Good Plastic Table」は、壁さえあれば簡単に作業スペースを生み出すことができるスグレモノ。使わないときはコンパクトに収納できるう...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
デスクにあるボタンをポチっと押せば…、なんだか歯医者さんに行った時に案内される診察台みたいですが、ディスプレイやラップトップを固定できるフレームがあり、デ...