いつでもどこでもコーヒーやお茶を淹れられるマグ「mojoe」

冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…

01.
挽いた豆(粉)を入れて

02.
水を注ぐ

03.
ボタンを押したら

04.
約10分待つ

05.
グイッ

もちろんお茶もいれられます。

車でも使える

充電式ですが、ACアダプターやシガーソケットからも電源を供給可能です。オフィスやアウトドアはもちろん車内でもほっと一息つけますね。

再利用可能なフィルターつき

取り外して出がらしを捨てられるのでいちいち交換する必要はなし。砂糖やミルクも入れられます。

近ごろはコンビニでカンタンに挽き豆のドリップコーヒーが飲めるようになりましたが、自分好みの豆で淹れたい!という通なあなたは、小型のコーヒーミルと併用するといいかも。

マグのカラーバリエーションも豊富なので、組み合わせを考えるのも楽しそうですよね。

まだクラウドファンディング中ではありますが、今なら日本への送料込みで94ドル(約11,400円)から予約できます(2015年12月19日時点)。配送開始予定は2016年5月頃。「Kickstarter」でチェックしてみては?

Licensed material used with permission by MoJoe Brewing Co.
飲み頃がずーっと続いてくれたならば、いつまでもおいしいまま。そういうところからスタートしたマグなんでしょうね。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
お茶本来のおいしさ、香り、旨み、渋みを誰でも簡単に引き出せ、現代のライフスタイルにもマッチした茶器。それが沈殿抽出式ティードリッパー「刻音」
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
「STANLEY」が「WIND AND SEA」とコラボレーション。
およそ2000年前、ヴェスピオス火山の噴火で灰に埋もれてしまった南イタリア・ポンペイのとある遺跡。その遺跡は2019年に一部が掘り起こされ、約2年かけて全...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご...
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
〈アデリア60〉の「ルック マグ」は、1960年代後半にコーラを飲むために作られた「コーラグラス」が原型。アンバーの高級感ある色やマグタイプという点で進化...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...