淹れたてコーヒーに「スパイス」をプラスする、刺激的な一杯をどうぞ

世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。

では、数ある中からとっておきの飲み方を紹介しましょう。これ、どこの国のスタイルか分かりますか?

挽きたての豆にスパイスをプラス
香り高く刺激的な一杯をどうぞ

5dc894e508255044f529f0dfeb2a31e729ff991d

スパイシーなこのコーヒーが広く普及している国は「モロッコ」。香りの組み合わせを熟知した彼らの一杯にならって、さっそく美味しいいれ方を。

まずは普通にいれたコーヒーを用意します。そこにカルダモン、こしょう、ナツメグ、シナモンパウダー、しょうがの絞り汁。これらを少しずつ加えて混ぜるだけ。スパイスの量はお好みで。

刺激的な一杯で、朝の眠気もシャキッ。

朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
インドのお土産でもらったチャイブレンドの紅茶。その茶葉はもうなくなってしまったけど、裏面の原材料をメモって今でも時々作っている。現地では、地域や家庭によっ...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
エスニック料理の代名詞クミン。セリ科の1年草でどちらかというとインドや中近東をイメージする独特の強い香りがありますよね。カレーパウダーの主原料としてもお馴...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
最近、自宅やオフィスでコーヒーを淹れるのが日課という人、増えています。時間帯や気分に合わせてコーヒーを選べば、楽しみ方の幅はもっと広がっていきます。豆の特...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...