淹れたてコーヒーに「スパイス」をプラスする、刺激的な一杯をどうぞ

世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。

では、数ある中からとっておきの飲み方を紹介しましょう。これ、どこの国のスタイルか分かりますか?

挽きたての豆にスパイスをプラス
香り高く刺激的な一杯をどうぞ

5dc894e508255044f529f0dfeb2a31e729ff991d

スパイシーなこのコーヒーが広く普及している国は「モロッコ」。香りの組み合わせを熟知した彼らの一杯にならって、さっそく美味しいいれ方を。

まずは普通にいれたコーヒーを用意します。そこにカルダモン、こしょう、ナツメグ、シナモンパウダー、しょうがの絞り汁。これらを少しずつ加えて混ぜるだけ。スパイスの量はお好みで。

刺激的な一杯で、朝の眠気もシャキッ。

シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
インドのお土産でもらったチャイブレンドの紅茶。その茶葉はもうなくなってしまったけど、裏面の原材料をメモって今でも時々作っている。現地では、地域や家庭によっ...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...