甘く、奥ゆかしい味わい「シナモン醤油」

いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらフシギ、おいしい発見がありました。

たとえばこれ、“スパイスの王様”とも呼ばれるシナモン。スパイシーで甘い香りと醤油が合わさると、どんな味になる?

奥ゆかしく“香る”醤油ができました

©2018 TABI LABO

用意したのはシナモンスティック。パウダーではなくスティックから。パウダーだと香り立ちはいいものの持続力が弱いため、ホールスパイスを使うのがおすすめ。食材専門店や高級スーパーで手に入る無農薬のものを選びました(ちょっと奮発)。

肝心の醤油は、スタンダードな「こいくち醤油」をチョイス。保存瓶にスティックを割り入れて1週間、冷蔵庫で保管したのがこちら。

水色だけ見れば、ほとんど元の醤油と変わりありません。けど、フタを開け鼻先を近づけたとたん、ふんわり香るのはシナモンのそれ。

©2018 TABI LABO

味はそのまま醤油なんです。だけど甘〜く奥ゆかしくシナモンが香る。

淡白な白身魚なんかも合いそうですが、中国料理の付け合せ(小菜)に出てくる「大根の醤油漬け」なんて最高。まあ、もともと桂皮や唐辛子と一緒に漬け込むわけだから、合わないわけがない!

ほかにも、豚の三枚肉や手羽先をこっくり甘辛く煮込むのにもいいかも。新しい発見があるはずです。試してみて。

ちなみに、こちらもハンパないっす。

Top photo: © 2018 TABI LABO
Licensed material used with permission by TABI LABO
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
シリーズ累計販売数4万枚を記録した「0.」の最新エコバッグ「Foldyroll bag」が日本上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
iHerb(アイハーブ)で買える「ファーストフー店のポテトがもっとおいしくなる味変調味料」を3つご紹介。チポトレマヨネーズ、スモークパプリカ、アップルパイ...
9月初旬、「キッコーマン」はその醤油にまつわる長年の知見を活かして、自宅で醤油をつくることができる会員制サービス「BOTTLE BREW」をスタート。
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
英国を代表する老舗百貨店「LIBERTY(リバティ)」の独創的で美しいファブリック「リバティプリント」を使用した「フェイスカバー」がリバティの公式オンライ...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
低糖質のおざんざい料理が人気のカフェ&ダイニング「神宮前 らかん・果」から、「低糖質かき氷」が9月30日までの期間限定で販売される。
アメリカの「スターバックス(Starbucks)」は、7月15日から来店客のマスク着用を義務化する。来店客と従業員の健康と福利を重視した決定とのこと。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
中東の国々では定番のミックススパイス「ザタール」。どんな料理にかけてもおいしくなる万能調味料なんですが……それって「ふりかけ」じゃないか!
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。