「醤油×チョコレート」が生み出した至高の調味料「カカオ醤」

チョコレートの香り醤油のコクをイイトコどりした至高の調味料が誕生した。

日本の醤油蔵「湯浅醤油有限会社」とフランスのチョコレートブランド「エリタージュ」、さらにはチョコレートソムリエ率いる「トモエサヴール」の3者が4年の歳月をかけて作り出したのが、世界初のチョコレート醤油「カカオ醤(ジャン)」

チョコも醤油も同じ発酵食品ということから着想を得たという新感覚の調味料は、野菜の旨味が詰まった醤油に、ローストしたベトナムカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させて完成する。

気になる味わいはというと、芳醇なチョコの風味に醤油の旨味が絶妙にマッチして、肉料理のソースカレーの隠し味にぴったりなんだとか。ちなみに砂糖は不使用なので、チョコの甘み以外の要素を楽しめるのだそう。

種類は生チョコのようなペーストタイプと、カカオの食感が楽しめる粒タイプの2種で、価格は1620円(税込)。1月20日に発売されてからすでに注文が殺到している人気っぷりなので、バレンタインの変わり種ギフトに考えている人は早めのチェックがおすすめだ。

©湯浅醤油有限会社
©湯浅醤油有限会社
©湯浅醤油有限会社

カカオ醤
【購入ページ】湯浅醤油WEBサイト:https://www.marushinhonke.com/c/3555/cacaojang
トモエサヴールWEBサイト:https://tomoesaveur.thebase.in/items/36672240

Top image: © 湯浅醤油有限会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...