「醤油×チョコレート」が生み出した至高の調味料「カカオ醤」

チョコレートの香り醤油のコクをイイトコどりした至高の調味料が誕生した。

日本の醤油蔵「湯浅醤油有限会社」とフランスのチョコレートブランド「エリタージュ」、さらにはチョコレートソムリエ率いる「トモエサヴール」の3者が4年の歳月をかけて作り出したのが、世界初のチョコレート醤油「カカオ醤(ジャン)」

チョコも醤油も同じ発酵食品ということから着想を得たという新感覚の調味料は、野菜の旨味が詰まった醤油に、ローストしたベトナムカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させて完成する。

気になる味わいはというと、芳醇なチョコの風味に醤油の旨味が絶妙にマッチして、肉料理のソースカレーの隠し味にぴったりなんだとか。ちなみに砂糖は不使用なので、チョコの甘み以外の要素を楽しめるのだそう。

種類は生チョコのようなペーストタイプと、カカオの食感が楽しめる粒タイプの2種で、価格は1620円(税込)。1月20日に発売されてからすでに注文が殺到している人気っぷりなので、バレンタインの変わり種ギフトに考えている人は早めのチェックがおすすめだ。

©湯浅醤油有限会社
©湯浅醤油有限会社
©湯浅醤油有限会社

カカオ醤
【購入ページ】湯浅醤油WEBサイト:https://www.marushinhonke.com/c/3555/cacaojang
トモエサヴールWEBサイト:https://tomoesaveur.thebase.in/items/36672240

Top image: © 湯浅醤油有限会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事