そのアイス、まだまだおいしく「味変」できますよ

アイスクリームにちょい足しするとおいしくなる。そんな情報を耳目にしたことがあるはずです。メープルシロップやコーヒー、変わり種で醤油をかけてみたりなど様々にありますが、結局どれが一番おいしいのでしょう。

そこで、バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!

01.
「みりん」

みりんは平安時代、高貴な女性だけが飲める“お酒”だったそうですが、これをバニラアイスにタラリとたらせば、その味はまるで上品なキャラメルソースをかけたよう。

ほんのりとアルコールを感じるのも大人の味覚。ラベルに「みりん風調味料」と書いてあるものではなく「みりん」を選ぶこと。ここに砕いたクルミをのせてもGOODです。

 

02.
「オリーブオイル&バルサミコ酢」

まるでサラダのドレッシングのような組み合わせ。単品でオリーブオイルをかける、バルサミコをかける、というのはそれぞれ聞いたことがあるかもしれませんが、その両方がベストマッチ。

エクストラバージン・オリーブオイルとバルサミコ酢の比率は、7:1が黄金比。オリーブオイルのスパイシーさとバルサミコの酸味、さらには発酵感が、驚くほどエレガントに演出してくれます。

酸味がキツくならないよう、バルサミコ酢はあくまで控えめに。これがおいしさのポイントです。

03.
「溶かしバター」

耐熱容器に入れたバターをレンジにかけて溶かし、アツアツのままアイスクリームにかけます。「あたたかい」と「つめたい」が舌の上で溶けて渾然一体となるさまは、まさにアフォガードのそれ。クリーミーさが添加されて、乳脂肪分が固まって舌触りが悪くなることもなく、最後まで楽しむことができます。

ここは、あえて有塩バターがおすすめ。塩気のなかで甘さが引き立ちますよ。

タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...