たった3つの材料で「おもてなし感」たっぷりのスイーツができる

白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザート。イスラエルのほか、中東地域でも好んで食されているようです。

今回はコンビニにもあるミルクプリンに、ベリー系のシロップと砕いたナッツなどをかけて作ります。

これをさくっと再現するのに、必要な材料はたった3つ。

・ミルクプリン
・いちごシロップ
・ココナッツロング

ガラスの器を用意して、そこにミルクプリンを盛り、いちごシロップをかけて、上からココナッツロングをふりかけるだけ。ちょっとしたおもてなしにもオススメの一品をどうぞ。

見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
冬になると飲みたくなるホットドリンクの代表格とも言える、ココア。袋で買ったら、一人暮らしだとどうしても消費しきれないという方も多いのではないでしょうか。そ...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
まだまだ寒い日が続きます。が、寒くなくたって「おしるこ」は、ほっこり気分にさせてくれる和スイーツ。あんことお餅の絶妙コンビにちょっとしたアレンジを加えるだ...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
暑い日にこそ食べたくなる、冷たいそうめん。茹ですぎて余らせてしまった…そんな経験はありませんか?そんなとき、余ったそうめんでおいしいスイーツが作れるなら、...
あんみつに添えたり、あんこやみたらしで食べたりと、和スイーツに欠かせないのが「白玉」。もちもちの食感とほどよい甘みが好き、という人も多いはず。そんな白玉を...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。