ザルツブルクの情景をイメージした、美しい「山スイーツ」

この春、パンケーキラバーの人たちにトライしてほしいのが、ザルツブルグの名物「ザルツブルガー・ノッケルン」。かの国を取り囲むメンヒスベルク、カブツィーナーベルク、ガイスベルクの三峰を表現したその形、そして山々を覆う雪のような口どけで多くの人を魅了してきたお菓子です。

この伝統菓子の歴史は古く、16世紀にはすでにその名が登場するのだとか。ザルツブルクの大司教ヴォルフ・ディートリッヒが、めかけのサロメのためのつくらせたのが始まり、という説が語り継がれてきたようです。

焼きたてが食べどき
ふわふわの口当たりをどうぞ!

〈材料:2人分〉

・牛乳:200ml
・薄力粉A:大さじ2
・薄力粉B:20g
・グラニュー糖A:大さじ1
・グラニュー糖B:70g
・卵黄:2個
・卵白:6個
・バター:3g
・粉糖:適量
・ラム酒:小さじ1

〈つくり方〉

(1)耐熱容器にバターを塗ります。小鍋に牛乳、薄力粉A、グラニュー糖Aを入れて薄力粉が溶けるまで混ぜたら、中火で熱してとろみがつくまで加熱します。そこにラム酒を加えて混ぜてから器に入れます。

(2)別のボウルに卵黄と薄力粉Bを混ぜ入れておきます。

(3)ボウルに卵白を入れて白っぽくなるまで泡立てたら、グラニュー糖Bを3回に分けて加え、メレンゲを作ります。2のボウルに4〜5回に分けて加え、メレンゲをつぶさないよう注意しながら切るようにかき混ぜ、三角の山が3つできるように盛っていきます。

※メレンゲを混ぜる際、最初の1回は泡がつぶれてもいいので2とよく混ぜ合わせましょう。

(4)180℃に予熱したオーブンで15分焼いてできあがり。

焼きあがってから時間が経つとしぼんでくるため、できたらすぐ食べるが正解。お好みでイチゴやブルーベリーなどのジャムを添えて。

関連する記事

大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
冷やしても、そのままでも、温めてもおいしい人気のスイーツ「チョコテリーヌ」のなかから、お取り寄せできるお店を5つ紹介。口いっぱいにまったりと広がるカカオの...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
おうちカフェにもおすすめ。こんな時だからこそ楽しみたい、人気のお取り寄せスイーツを「バターサンド」、「チョコテリーヌ 」、「ヴィーガンスイーツ」、「クッキ...
体にも優しくおいしい「ヴィーガンスイーツ」の中から、お取り寄せできるお店のものを6つ紹介。環境保全やサステイナブルの観点、健康への意識などから、「ヴィーガ...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
京都・祗園発の“きな粉スイーツ”専門店「吉祥菓寮」が自宅で作れる「アレンジきな粉のレシピ」をinstagramにて公開中。
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
ダイエットでは悪者扱いされがちな「おやつ」は、上手に取り入れるとむしろ成功への近道に!人気パーソナルトレーナー・門脇妃斗未さんおすすめの、4つの手作りおや...
パティシエのTal Spiegelさんが運営するインスタグラムのアカウント。パクリと齧りつきたくなるような色とりどりのスイーツがずらりと並んでいます。スイ...
1カット1500円の「スーパーメロンショートケーキ」をはじめ、スイーツ自慢の「ホテルニューオータニ大阪」が、自宅でも簡単に作れる“本格スイーツレシピ”を公...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
蓋を開けた瞬間、「愛」と「夢」と「おいしさ」が溢れ出す人気のスイーツ「クッキー缶」のなかから、お取り寄せできるお店を5つ紹介。素材も詰め方もショップによっ...
「ディズニー」が食べ歩きの定番フィンガースナック「チュロス」のレシピを、なんと2年前にYouTubeで公開していたことが話題に。
東京・広尾にビーガン・スイーツショップ「hal okada vegan sweets lab(ハル オカダ ビーガン スイーツ ラボ)」がオープン!
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
人気パーソナルトレーナー・門脇妃斗未さんおすすめの手作りおやつレシピを伝授する企画。第四回は、そのままでも、ヨーグルトのトッピングでもおいしい「シナモンア...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
東京・渋谷にある鍼灸院「グラン治療院」と抹茶とあずきの和洋菓子店「松右衛門」が共同で「食べるお灸~よもぎとあずきのムース~」を開発。
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...