ティラミスのときの苦労がウソのような簡単「カッサータ」レシピ

ティラミス、パンナコッタ、ズコット…日本人の心を魅了しつづけるイタリアンドルチェ。なかでも「カッサータ」は、材料を混ぜて冷やし固めるだけの簡単クッキング。覚えておけばデザートの幅も広がりますよ。

型がなくても作れる
「カッサータ」のつくり方

リコッタチーズと生クリームを各100gずつ。ボウルに入れて混ぜたら、砂糖30gと刻んだフルーツ、ナッツ、チョコを適量加え、ざっくりと混ぜあわせます。型がなければ紙コップでも構いません。流し入れて、冷蔵庫で約3〜4時間冷やし固めれば完成!紙コップは破いて中を取り出せるだけでなく、ちょうど1人前がつくれるので個数をイメージしやすいかもしれませんね。

他の記事を見る
これは「ザバイオーネ」という、ピエモンテ州発祥のドルチェ。材料はたった3つ、卵黄、砂糖、マルサラ酒。こう聞いてピンときた人もいるはず。そう、これティラミス...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
「カロリーは気になるけれど、やっぱり甘いものが食べたい!」そんな欲張り女性に朗報です。なんと、あのティラミスがヘルシーな「豆腐」で作れてしまうのだとか。現...
「ニョッキ」といえば、おもにジャガイモと小麦粉を練り合わせてつくるパスタの一種。レストランで食べたり、できたものを買ってくることはあっても、“自宅でつくる...
パン・オ・ショコラを自宅で再現するのは難しいですが、バゲット・オ・ショコラだったら簡単。
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
かれこれ25年前、「ティラミス」が日本で空前のブームを巻き起こしたことを知る人は、もはやいい大人。美味しいけれどハイカロリー、は昔も今も女心を悩ませる種。...
「Food52」から気軽に作れるパンナコッタのレシピをご紹介。ウコンやナツメグ、シナモンを用いて甘すぎない、ちょっぴりスパイシーな仕上がり。包丁も使わない...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...