スイーツの力で、失恋を「甘い思い出」に変えるプロジェクトが話題に!

辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!

その方法は単純明快。別れた彼へのメッセージを、ケーキやタルトなどの甘〜いお菓子に描き、それをパクッと飲み込んでしまうもの。友人と一緒に笑いながら食べれば、失恋なんて忘れられるかも!?

メッセージの内容は
“甘くない”けれど…

これは「Eat Your Heart Out」と名付けられたプロジェクト。意味するところは、「イイ女なのに、悔やんでも知らないわよ」といったところでしょうか。

とはいえ、実際にお菓子に描かれたメッセージは意外と“重たい”もの。食べるのはスイーツなのに、言葉はまったく甘くないというギャップも魅力!?

「友達でいられるはずよね」

「あなたが悪いんじゃない」

「ごめんなさい…」

「私のところへ帰ってきて」

「またね」

「あなたのこと、好きだったわけじゃないから」

「私たちの恋愛に輝きなんてなかったわよね」

「傷ついたわ…」

「1年経てば、また会えるといいな」

彼女の取り組みに賛同する人は、ぜひInstagramアカウントもチェックしてみて!

Licensed material used with permission by Isabella Giancarlo