失恋は、脳にこれだけのダメージを与えている

誰かを好きだった気持ちを、静かに忘れていくとき。自分の手で壊さなきゃいけないとき。愛情のない手によって、恋心を殺されるとき。

失恋は、“精神的な死”だと思う。

たとえ自分から、別れを切り出していたとしても。誰かを愛していた自分が、自分の中で死んでいくから。

『Psychology Today』Guy Winchさんの記事より

失恋をすると、心はものすごいダメージを受けます。

痛みはお腹の底からこみ上げてくるかのようで、胸から喉を伝い、内臓にまで響いてくる感覚。心臓だって、本当に傷を負ったかのよう…。

“胸が引きちぎれそう”なんて表現をするように、心臓とその近辺にばかり焦点を当てますが、精神的なダメージが大きいとき、気を配るべきはです。脳が反応するからこそ、最悪の症状を感じるわけです。

失恋は様々な症状を引き起こしますが、主にこの3つを抑えておきましょう。まず体がどう感じ、考え、行動に出るかを知る必要があります。

傷が完全に癒えるまで
何度もえぐられつづける

fMRIによる研究曰く、肉体的な痛みと、失恋の痛みは同じ脳の領域で処理されるそう。なかには、精神的痛みを“ほぼ耐えきれない肉体的な痛み”と訴えた、なんて研究結果も。

また、肉体的な痛みが長期に渡って続くことはないにしても、失恋の痛みは数日、数週、あるいは数ヶ月続く可能性だってありますよね。だから、この痛みは危ないのです。

仕事にも私生活にも影響が出る

ほかのfMRIより行われた研究を見てみると、失恋はコカインオピオイドから離脱するときに起こる離脱症状と似た働きをする、という結果も出ています。

愛を失ったときに感じる離脱症状は非常にパワフルで、考えたり、集中することが難しくなり、ざっくり言うと機能ができなくなります。

たとえば麻薬中毒者が離脱症状を引き起こしている際には、精神が安定していないため、仕事や私生活において通常通り振る舞うことは難しい、と判断しますよね。失恋も同じように、期待値を下げ、見守られるにふさわしいのです。

美化した思い出が
脳内に浮かびつづける

失恋の傷を負っている間は、ふとしたときに元恋人のことを考えてしまいます。たとえば彼らの表情だったり、過去の会話だったり、楽しかった思い出だったり。

その度に傷をえぐられ、心の痛みは再発し、離脱症状が引き起こされます。これが1時間の間に何度も起き得るのだと考えると、回復するのに時間がかかって当然です。

「必要以上に、そしてとめどなく元恋人のことを考えさせているのは、脳だ」と客観視して、元恋人に思いを巡らす回数を減らすことで、肉体的な傷もより早く癒せます。回復途中の自分を必要以上に批判したり、責めたりせずに、優しくできるように心がけましょう。

 

Licensed material used with permission by Guy Winch Ph.D., (book)

関連する記事

茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
失恋した時に読みたい「立ち直る5つの方法」「星座別、最速で立ち直るには?」「失恋は3ヶ月で克服?」「新しい恋に向けて知っておくべきこと」「次の恋のための独...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
「失恋」目前の人に、別れる前にやっておくべきこと、失恋の忘れ方、人生にどう影響を与えるかなど、恋愛アドバイスをまとめました。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
頭部や頸部への衝撃から守るために開発されたコンプレッションウェア。
いま、世界中の若者から人気を集めている「ASMR」。ASMR動画を見て、「頭や背中がゾワゾワっするけどなんだか止められない!」と感じたことのある方も少なく...
深刻な腰の痛みは一部の脊推骨が歪んでいるか、神経が傷ついている可能性もあるといいます。気になる痛みがあれば、放っておかずに原因を突き止めておきたいところ。...
これは、人間が記憶を呼び覚ますときの「脳の動き」を表現したもの。
毎日、目の前の仕事をこなすことで精一杯になっていませんか?新しい発見やちょっとした喜びなど、刺激のある生活をしないと、脳にサボり癖がついてしまいます。ヤフ...
脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...