失恋は、脳にこれだけのダメージを与えている

誰かを好きだった気持ちを、静かに忘れていくとき。自分の手で壊さなきゃいけないとき。愛情のない手によって、恋心を殺されるとき。

失恋は、“精神的な死”だと思う。

たとえ自分から、別れを切り出していたとしても。誰かを愛していた自分が、自分の中で死んでいくから。

4750167190274048

『Psychology Today』Guy Winchさんの記事より

失恋をすると、心はものすごいダメージを受けます。

痛みはお腹の底からこみ上げてくるかのようで、胸から喉を伝い、内臓にまで響いてくる感覚。心臓だって、本当に傷を負ったかのよう…。

“胸が引きちぎれそう”なんて表現をするように、心臓とその近辺にばかり焦点を当てますが、精神的なダメージが大きいとき、気を配るべきはです。脳が反応するからこそ、最悪の症状を感じるわけです。

失恋は様々な症状を引き起こしますが、主にこの3つを抑えておきましょう。まず体がどう感じ、考え、行動に出るかを知る必要があります。

傷が完全に癒えるまで
何度もえぐられつづける

6597563620786176

fMRIによる研究曰く、肉体的な痛みと、失恋の痛みは同じ脳の領域で処理されるそう。なかには、精神的痛みを“ほぼ耐えきれない肉体的な痛み”と訴えた、なんて研究結果も。

また、肉体的な痛みが長期に渡って続くことはないにしても、失恋の痛みは数日、数週、あるいは数ヶ月続く可能性だってありますよね。だから、この痛みは危ないのです。

仕事にも私生活にも影響が出る

4874423379165184

ほかのfMRIより行われた研究を見てみると、失恋はコカインオピオイドから離脱するときに起こる離脱症状と似た働きをする、という結果も出ています。

愛を失ったときに感じる離脱症状は非常にパワフルで、考えたり、集中することが難しくなり、ざっくり言うと機能ができなくなります。

たとえば麻薬中毒者が離脱症状を引き起こしている際には、精神が安定していないため、仕事や私生活において通常通り振る舞うことは難しい、と判断しますよね。失恋も同じように、期待値を下げ、見守られるにふさわしいのです。

美化した思い出が
脳内に浮かびつづける

4698975743508480

失恋の傷を負っている間は、ふとしたときに元恋人のことを考えてしまいます。たとえば彼らの表情だったり、過去の会話だったり、楽しかった思い出だったり。

その度に傷をえぐられ、心の痛みは再発し、離脱症状が引き起こされます。これが1時間の間に何度も起き得るのだと考えると、回復するのに時間がかかって当然です。

「必要以上に、そしてとめどなく元恋人のことを考えさせているのは、脳だ」と客観視して、元恋人に思いを巡らす回数を減らすことで、肉体的な傷もより早く癒せます。回復途中の自分を必要以上に批判したり、責めたりせずに、優しくできるように心がけましょう。

 

Licensed material used with permission by Guy Winch Ph.D., (book)
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝...
どんなに大きな失恋でも3ヶ月で立ち直る!?失恋からどれくらいで立ち直ったか、というのはどの国でもどの年代でも気になる話。一世を風靡した海外ドラマ「セックス...
毎日、目の前の仕事をこなすことで精一杯になっていませんか?新しい発見やちょっとした喜びなど、刺激のある生活をしないと、脳にサボり癖がついてしまいます。ヤフ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...
これは、人間が記憶を呼び覚ますときの「脳の動き」を表現したもの。
スキルアップが大切なのはわかっているけど、目の前の仕事に忙殺される…いつかやろうと思っていても、人間は基本的にサボる生き物です。そのまま諦めて放置してはい...
もしかすると、普段口にしているその食品は、あなたの脳を傷つけているかもしれません。「Power of Positivity」に掲載されたこの記事から抜粋し...