人間の細胞からつくった「ミニ脳」で、動物実験がいらなくなるかも!

2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが一番の特徴です。実用化へのプロセスが非常に速やかに進むと予想されており、実験用の動物に頼る機会を早い段階で大幅に減らせるのではないかと期待されています。

開発したのは、Johns Hopkins Universityの毒物学者、トーマス・アルトゥング博士が率いる研究チーム。彼は、大学のwebサイトで、これまで動物実験によって有望な結果が得られた薬品なども、95%は人間に応用できなかった、とコメント。2016年内の「ミニ脳」生産開始を目標としています。

カンタンに培養できる
「ミニ脳」って?

そのサイズは、ハエの眼球ほど(直径0.35mm)。ひとつのシャーレに100個設置可能で、それぞれから100〜1,000もの複製を作ることができます。2ヶ月ほどで4種類のニューロンと2種類の支持細胞が成長し、ボール状の脳ができあがり。

これによって、幅広い実験環境のもと、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、自閉症、感染症、トラウマ、脳卒中などの研究が行えるようになります。ちなみに、これまでにも同様の研究は行われていましたが、実用化へのプロセスが非常に容易である点が、従来と違うところだそう。

アメリカ合衆国農務省(USDA)」の統計によれば、2014年のアメリカ国内に限っただけでも、およそ85万にも及ぶ動物たちが実験に使用されました。「日本実験動物協会」が発表している、2010年に日本で販売された実験用動物の数は、合計586万5,403にも。

どちらも衝撃的な数字ですが、博士は「ミニ脳のようなモデルを、いつでも、どの研究室でも作れるようになれば、多くの動物実験の代替案として機能するようになるでしょう」と語っています。

Licensed material used with permission by Science Alert,

関連する記事

イーロン・マスクが、SNS「ClubHouse」を利用して「Neuralink」で進めている研究の進捗報告をおこなったとの情報が各種メディアで報じらている...
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
米「ソーク研究所」のホアン・カルロス・イズピスア・ベルモンテ教授率いるアメリカと中国の合同チームが、ヒトの細胞を含んだサルの胚を作成したことを発表した。
「代替肉」を取り巻くシーンやビジネスが盛り上がりをみせるなか、動物の細胞から人工培養で食肉を作るアメリカの企業「Mission Barns」が一般人を対象...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
人間の脳は、低カロリーなものよりも、ポテチやブラウニーなどカロリーが高いものの場所を覚える方が得意という実験結果が『scientific reports』...
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
科学でよりサステイナブルで健康的な食品を生み出す企業「Eat Just」が製造する、動物の細胞から作った鶏肉の販売が、先日、シンガポールにて承認された。
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
魚や甲殻類から細胞を抽出し、これらの細胞サンプルを大型のバイオリアクターで増殖させることにより、さまざまな種類のシーフードを作るという。
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
テレパシーを使ってパートナーに向かって「帰りに牛乳買ってきて」なんてメッセージを送れたら便利なのに・・・。そんな想像をしたことはありませんか?最新の研究で...
「ケンタッキーフライドチキン」(以下KFC)が、ロシアでバイオプリンティング事業を展開する「3D Bioprinting Solutions」と協力し、3...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
これは、人間が記憶を呼び覚ますときの「脳の動き」を表現したもの。
キャッシュレス化の進行とともに、お財布もコンパクトに。そんな今人気を集めているミニ財布をご紹介。こだわりの詰まったミニ財布を集めたので是非参考に。
5月6日、科学誌「Oncotarget」に掲載されたレポートによれば、バークレー大学やスタンフォード大学、ニューサウスウェールズ大学の研究者たちが、今後の...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
「猿に脳内チップを埋め込み、ビデオゲームをワイヤレスでプレイする実験に成功した」というイーロン・マスク氏に関する報道。写真、動画などは公開されておらず、さ...