甘くて大人な春色クリスピー。主役はシャンパン。

お酒という愉しみをほどほどに味わえる大人になったならば、大好きなお菓子とお酒を合体させた、うれしいスイーツにトライしてみませんか。「Food52」で が紹介するこのレシピ、主役はシャンパンとマシュマロです。

母ご自慢のスイーツを
私なりにアレンジ

とくに難しく考えずして、次から次へと誕生日やパーティー用のスイーツを作り出してしまう母に、私はノーベル賞をあげたいくらい。

小学2年生の子の誕生日パーティー用に、30人分のマシュマロ菓子を作るのって、結構タフな作業だし、相当なプレッシャーもあるはず。にも関わらず、母はバター、マシュマロ、そしてライスクリスピーを混ぜ合わせた、ほっぺたがとろける四角形のお菓子を毎年作ってくれて…。このお菓子のおかげで小学生の私が高評価を受けたのは言わずもがな。

そんな私が30代となった今、母と同等の高評価を受けられるよう作るのは、シャンパンとマシュマロのお菓子。急遽お呼ばれされたパーティにだって、ケーキだけじゃ、何だか物足りないバースデーパーティーにだって打ってつけですよ。

甘くてオトナな
春色クリスピー

Photo byBobbi Lin

<材料(8〜10個分)>

無塩バター:大さじ6(85g)
辛口シャンパン:1/4カップ(60ml)
小粒マシュマロ:6カップ(318g)
バニラエキストラクト:小さじ1/2
コーシャーソルト:小さじ1/4
ライスクリスピーシリアル:6カップ(192g)

 

<作り方>

1.23 x 23センチのオーブン皿にアルミ箔を敷く。スプレー式の料理油でスプレーし、横にセットしておく。

2.中火で温めた大きめのフライパンにバターを入れて溶かす。シャンパンを混ぜて1分ほどぐつぐつ煮る。続いてマシュマロ、バニラエキストラクト、コーシャーソルトを入れる。マシュマロが完全に溶けるまで4分ほどかき混ぜる。

3.火を止めて、シリアルを入れて混ぜる。よく混ぜてからオーブン皿に移す。お皿に押さえつけるようにして形を整え、完全に冷めきったらカットして完成。

 

応用編がこちら。

ちょっと無茶をしたいときは、ロゼや白ワインでもOK。このレシピは、Community Pickより引用。

Licensed material used with permission byFood52

ほかにもお花見に欠かせないおつまみやドリンクが満載の「お花見特集」はこちらから!

シャンパンタワーを作り続けて14年。設置台数世界一を豪語する「シャンパンタワー職人」の次なる挑戦。
2018年のMLBワールドシリーズも佳境。優勝あとの恒例行事「シャンパンファイト」についてです。
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
ちびちびとシャンパンを飲むのもいいけど、グイッといきたい。そんな時にオススメのアイテムがあります。シャンパンを一気に飲めるグラス登場!アメリカ国内で発売さ...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...