「自宅でシャンパン」の楽しみ方を教えてくれる公式動画「おうちでモエ時間」

新しい生活様式のなかで“おうち時間”の楽しみ方を模索している頃ではないだろうか。

そろそろ週末に友人くらいを招いて食事会でも……というときに、最高のおもてなしになるお酒にシャンパンは打ってつけ。だが、お店と違い本当に美味しく楽しむ方法って特別知っていたりするわけでもない。

そこで、公開中の世界中で愛されるシャンパン「モエ・エ・シャンドン」公式動画『おうちでモエ時間 -モエ アンペリアルを楽しむ5ステップ-』をご覧あれ。

モエ・エ・シャンドンのブランド アンバサダー ティモシー・ベック氏がメゾンを代表するシャンパン「モエ アンペリアル」を例にして、自宅での上手な楽しみ方を丁寧に指南。中では、「うま味」を中心に味が構成される和食と好相性だと伝えるなど、知識としても役立ちそう。

観ながら飲んで、新たなシャンパンの魅力を見つけてはいかが?

© Moët & Chandon Official / Youtube
Top image: © モエ・エ・シャンドン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
シャンパン「モエ・エ・シャンドン」のミニボトル専用の自動販売機「MOËT MINI-MATIC (モエ ミニマティック)」が、渋谷の新施設「ミヤシタパーク...
2018年のMLBワールドシリーズも佳境。優勝あとの恒例行事「シャンパンファイト」についてです。
シャンパンタワーを作り続けて14年。設置台数世界一を豪語する「シャンパンタワー職人」の次なる挑戦。
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
ちびちびとシャンパンを飲むのもいいけど、グイッといきたい。そんな時にオススメのアイテムがあります。シャンパンを一気に飲めるグラス登場!アメリカ国内で発売さ...
家飲みで余ってしまったシャンパンやスパークリングワイン、どうしていますか?「炭酸が抜けたらおいしくないから捨てちゃってるよ」なんて人がいたら、「PureW...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
レーザーカッターで開けた直径0.2mmの極小穴から、24時間かけてじんわり抽出するコールドブリューコーヒーメーカー「ARCTIC」。おうち時間のおともに!
YouTubeは、自身で設定した就寝時間に合わせて、寝ることを勧めてくれる「おやすみ時間の通知」機能をローンチ。その他にも時間管理に役立つ機能も追加でリリ...
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
漆芸家・修復師の日置美緒(へきみお)が自宅で「金継ぎ」のための道具を一からセレクト。『金継ぎのお道具箱「巡(めぐる)━金継ぎ時代━」』
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
有名紅茶ブランド「リプトン」の創業者サー・トーマス・リプトンが最初にこの地に開園したのがダンバッテン茶園。ここの高台には、「Lipton's Seat(リ...