弁護士が説く「ジブン時間」の見つけ方

日々、大量の仕事に追われてプライベートの時間がとれない。こう悩んでいる方も多いことでしょう。でも、その忙しさはどれだけ時間をかけて行うものなのでしょう。

何が言いたいかって、もっと効率的に仕事する方法があるはず。こう考えたことはありませんか?

この記事の中で、忙しい日々の時間の捻出方法を解説するのは、弁護士の原和良さん。『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者でもあります。弁護士の説く仕事の効率化、考えさせられます。

そもそも、
「忙しい」とはどういう状態?

5227528511815680

忙しいとは心を亡くすと書きます。どちらかというと「心に余裕がない」、「切羽詰まった生活をしている」といったネガティブな言葉として用いられることが多いようです。

あるいは、「本来やりたいことができない」、「やるべきことがやれていない」。その結果、「理想とするようなワーク・ライフバランスが取れない」などの場合に使われる状態のことです。

もし自分の生きたい人生を他人に妨害されて「意味のない人生」を歩まされているのだとしたら、その忙しさはやはり問題でしょう。そこから少しでも逃れる方法を考えなくてはなりません。

しかし、自分の選択(自ら選んだ仕事や趣味など)によって忙しさが生じているのであれば、それも良しとしていったんは受け入れなければなりません。充実した人生を送ろうとすると時間が足りなくなります。

その結果の忙しさは、自ら選択した忙しさなのであって、それを受け入れた上でマネジメントするほかありません。

忙しくなると、どうやってたくさんのタスクを並行でこなしていくか、いかに無駄を省くかを考えることになります。そうしてタスクをこなすことにより、パフォーマンスがアップし、多くの仕事を短時間で処理できる能力がついていきます。

もちろん、短時間で大きなパフォーマンスを上げるためには、メリハリや適切な休息も必要です。短期間に無理してつぶれてしまっては、元も子もないのです。

多忙なときほど、立ち止まる

4946053535105024

「忙しい」は心の持ち方の問題でもあります。キャパシティー以上のものを受け入れてしまい、納期までに仕上げなければならないといった「心理的恐怖感」に駆られ、自分自身を追いつめている状態です。

「忙中閑あり」と昔から言います。忙しくて切羽詰まっている時こそ、暇を見つけて立ち止まり、原点に戻ることが必要です。原点とは、自分が本当にやりたいことは何なのか、充実して毎日を過ごすには何が優先されるべきか、というものです。

あなたが果たすべき役割は、自分の力が最大限に発揮できるコンディションの下でやること。その限界を通り越して無理を続けることは、かえって非生産的であり、成長にもつながらないのです。

人の力を借りる
「作業分担」がカギ

5544512667516928

忙しさから開放される有効な方法のひとつに、人の手を借りる、他人の協力を求めるという方法があります。「そんなことはとっくに分かっている」と言われそうですが、これが簡単なようで難しいのです。

社会生態学者のピーター・F・ドラッカーは「事業とは人を通じて事をなすこと」と言っています。ビジネスパーソンの皆さんが一番苦労するのがこの点でしょう。

職場の中でプロジェクトチームを組み、事業に取り組むことがあると思います。でも、うまく作業分担ができず、それぞれの仕事に対するイメージや力の置き方、仕事の進め方が多種多様でなかなか進まないこともあるのではないでしょうか。

特にリーダー格の人は、「分担するより自分でやった方が早い」と自ら動いて、ますます忙しくなってしまいます。多くの職場や組織で発生している忙しさは、このような不合理的な分担の結果だと思うのです。

すべての仕事は「社会的分業である」と言われます。それぞれが自分の得意分野や専門分野を持って効果的に仕事することで、社会は豊かになっていくのです。

組織やチームは失敗を繰り返し、その中で学び、互いに成長していきます。だから、どれだけ失敗しても、「チームでやる方が生産性も仕事の質も上がる」という次のステップに到達するまで、粘り強く取り組んでみましょう。

成功には失敗の連続と時間が必要です。その失敗への挑戦と時間への忍耐力が成功の秘訣なのです。

ここに紹介する『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者・原和良さんの職業は弁護士。本書では、原さんが日々さまざまな相談を受ける中で見えてきた...
「弁護士という職業を通じてあらゆる修羅場を見てきた」と、原和良さん。どうすれば逆境から立ち向かうことができるか、その秘訣を弁護士ならではの視点で伝える「自...
弁護士というハードな仕事をこなしながら、複数の会社を経営するFran Garcíaの写真を見て働き方を改めねばならないと思った。多忙にも関わらず、「遊び心...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
人生は一度切り。だから、「これをやるために生まれてきた」と思える仕事に出会いたいと思っている人は、少なくないのではないでしょうか?今回は欧米の研究者による...
天職研究の権威であるコロラド州立大学Bryan J. Dik教授等が提案する、天職を見つけるためのカウンセリング(a calling-oriented c...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「TIME」、「Forbes」、「Fortune」、「Business Insider」などビジネス誌、経済誌から引っ張りだこの人気コラムニストNicol...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
昨日と同じ仕事なのにはかどらない、じっくり丁寧に作業していたら上司に注意されたなど、自分の要領の悪さにイヤになってしまう…。実は、仕事というのは定型化して...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
仕事に追われ、忙しい日々に追われる人たちは、自分が成し遂げた成果を省みてポジティブになるより、自分の失敗を振り返ってはネガティブになり、自分自身に厳しくな...
自分の「幸福度」を高める、働き方。