他人と比較していたら、いつまでたっても幸せは訪れない。

2007年に公開された日本映画『それでもボクはやってない』を知ってますか?

加瀬亮演じる男性主人公が、女子中学生から痴漢に間違われてしまうところから物語は始まります。この作品にはモデルになった事件があり、その冤罪事件の担当をしたのが弁護士の原和良さん。ここに紹介する『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者でもあります。

「弁護士という職業を通じてあらゆる修羅場を見てきた」と、原さん。本著は、どうすれば逆境から立ち向かうことができるか、その秘訣が弁護士ならではの視点でまとめられています。

例えばそのひとつ、「自分と向き合う方法」がこちら。

等身大の自分と向き合う方法

5871115268259840

不幸に直面して気が動転している時は、同じ考えが自分の頭の中でぐるぐる回転してしまい、精神的に大きなストレスを抱えてしまいます。それが長期化すれば、心身に異常をきたすでしょう。焦れば焦るだけ事態は悪い方向に展開しがちです。

では、そんな時にはどうすれば良いのでしょうか?

答えは「いったん開き直ること」です。背伸びをせず、等身大の自分と向き合うことが大切です。もちろん、他人によく見られようとして己を誇大に見せる必要はありません。

まずは等身大の自分と向き合い、受け入れて、自分と対話することから始めてみてください。

「お前はどうしたんだ。お前の気持ちはオレが一番よく分かっている」

「そして、オレはお前を助けることができるんだ」

そう語りかけてみてください。

そんな会話を自分と交わすことによって、あなたというかけがえのない存在を大事にする気持ちを養いましょう。自分との会話は、どこか遠いところに一人旅へ出た時にするのが良いかもしれません。旅行に行く時間もお金もないのであれば、公園のベンチで語り合っても良いでしょう。とにかく、静かなところ、誰にも邪魔されないところで、自分と向き合って対話をする場所を作ってみてください。

自分が変わると、他人は変わる

5341421649264640

人は困難に直面すると、その原因をとかく自分の外に求めたがるものです。

たとえば不況です。不況になると、どの会社も経営は苦しくなる一方……。ここで業績が上がらないことを、不況のせい、社員のせい、部下のせいにするのは簡単なことです。

しかし、外部にその原因を求めた瞬間、その人は「現状をどうするか」、「どうやったら変えられるか」という思考を停止しています。これほど簡単なことはありませんからね。しかし、外部に責任をなすりつけたとして環境は変わるでしょうか。責任を押しつけられた人は、次の日から変化するでしょうか……。

そんなことはありません! いつまでも同じ状況が続くか、より一層自体は悪化するだけです。困難に直面した時、災難に出会った時、結局そこから抜け出すには、自分が変わるしか方法はありません。

自分を変えられるのはあなただけ。覚悟さえあれば自分を変えるのは簡単です。その覚悟ができないから人々は悩むわけですが、そこで自分は諦めて、他人(外部)を変えようとする人がいます。でも他人を変えようとしても簡単には変わろうとしないし変えることはできません。自分でも難しいのに当たり前です。

だからこそ自分が変わる必要があるのです。変化したあなたを見れば、他人も触発されるはず。その結果として環境が大きく変化していきます。あなたの人生はあなたが責任を待たなければなりません。他人の人生に振り回されないようにすることが大切です。

そうならないためにも、常に自分がどう変わるか、どう動くかを自身に問い続けていくことが必要です。他人の評価はどうでもいいのです。

他人の人生が楽しそう、
幸せそうに見えるのはなぜか?

5920045683179520

「どうしてあの人は何もかもうまくいっているのか。それに比べてオレはなんと惨めだ」

自分が苦難や逆境に立たされている時、人はどうしても他人と比べて自身の不幸を思い悩む傾向にあります。

しかし、その本人がうまくいっているのか、幸せかどうかは他人には分かりません。弁護士の仕事をしているとよく分かるのですが、順風満帆に見える会社や社長であっても、人には言えない苦労があります。

要は、幸せそうに見える他人は、「幸せそうに見える側面もある」というだけであり、受け手であるあなたが勝手に「何の悩みもない人」だと想像しているに過ぎないのです。

だから、他人と自分を比較するのはやめてください。幸せとは、他人との比較ではないことに気づくべきです。

むしろ他人と比較していたら、いつまでたっても幸せにはたどりつきません。なぜなら、他人との比較の中に自分の幸せを見出そうとし始めると、自分よりも不幸な人を見つけることでしか幸福感が得られなくなるからです。

それは、努力なしに見せかけで気休めの満足感を得るということであり、本当の幸せや充実感を得られることは一生ありません。

『明るい失敗』著:原和良(クロスメディア・パブリッシング)

映画「それでもボクはやってない」のモデルとなった事件を担当した弁護士が、充実した人生を送るために大切な「失敗」についてまとめた一冊。本書では「自分を信じて今できることをやるかしかない」というメッセージが記されています。

周りの人と比較して、「自分は大した人間ではない」とネガティブになる。ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にイラスト付でまとめ...
ここに紹介する『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者・原和良さんの職業は弁護士。本書では、原さんが日々さまざまな相談を受ける中で見えてきた...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒン...
ブロガーVishnu Subramaniam氏は断言します。この世には、鵜呑みにしてはいけない「7つの嘘」があると。じつは彼、数年前に人生のどん底を経験し...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
「他人と比べないこと」ができれば、いまよりも幸せを実感できる毎日が待っているはず。いつも比較してばかりでは、気持ちが沈んでしまいませんか?他人と比べないこ...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
どうせ「嫉妬する」と分かっているけれど、どうしても他人が気になって比べてしまう人も多いはず。たとえば、いい車や広い家、高い給料など…。そこで「becomi...
人気サイト「The School of Life」の動画は、幸せになるために欠かせない「決断能力」を高めるのに必要になる、5つの考え方を紹介しています。あ...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
日々、超多忙そうな弁護士という職種。彼らならばこその仕事の効率化。考えさせられます。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...