人生を変えるには、まず「自分を知ること」から。

GoogleやIntelはじめ、シリコンバレーの有力企業が能力向上トレーニングに取り入れる「マインドフルネス」。自分の内面と向き合うことで見えてくる、さまざまな“気づき”がビジネスの現場で注目を集めています。

このマインドフルネスを教える大人の学校「スパーブ・ヘルス・アカデミー」を設立した荻原順子さん著『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)より、ここでは「自分を知る」ことに着目して紹介します。

まず身体の癖を知り
心の癖を知る

5d3188ac8e9303f64a7661bc0ab84e7ee2e4602a

自分の心と身体を整えていくと、自分の潜在能力が生かされ、プライベートや仕事がうまくいくようになるでしょう。主婦の方であれば、より素晴らしい家庭をつくることも期待できます。

私(著者)はそれを立証していますし、整えることは、どんな方にも必要なことだと思います。そのためには、心と身体の癖を知っていくことが重要になるのです。

私が開校しているアカデミーには、オリジナルの体操プログラムもあり、生徒さんにはそれをやっていただいています。大切なのは、「教わった通りにやること」。しかし、「これくらいはできる」と思っても、実際やってみると自分の癖が出てなかなか難しいと感じる方が多いようです。

15年以上アカデミーに在籍し、「プラスパ・ソサエティ」という在校生の会の副会長をしてくださっているKさんは、私立の名門大学出身で、普段はグローバル企業でコンサルティング業務を行っている方です。そのKさんが、アカデミーで学び始めた頃のことを振り返って、以下のように語ってくださいました。

「自分で言うのもなんですが、私は物覚えも良い、要領も悪くない、運動神経も人並みよりちょっと良いと思っていました。それで、体操(マインドフルネス)なども、簡単にできると考えてしまっていたのです。けれども、やればやるほど奥深かった。

さまざまな指導を受けて考えていると、だんだん動きの中にその人の心の癖が出てくるのだと気づいたのです。当時、私の中には講師の方に対して挑戦的な心理があったのでしょう。荻原先生から見ると、さぞ肩に力が入り、空気に溶け込まない、違和感のある怖い人が体操をしているように見えたのではないでしょうか。プラスパのマインドフルネスを学び、とても重要なことに気づかせていただきました」

身体の癖や心の癖は、ひとりでは気づきにくいものです。身体の動きに意識的になり、人からの指摘に耳を傾けてみる。そんな姿勢も必要だと思います。

何もできない自分
できていない自分
を受け入れる

C160b8da9ca0829be8a4d19771f127792f641e8b

上記で説明したように、アカデミーで教えているオリジナル体操は一見簡単なようですが、奥が深いものです。右脳を使うのが得意であったり、スポーツマンであっても「自分はこんなことができないのだ」と気づくのです。

教わった通りに身体を動かせない原因は、思考に癖があるためです。身体を動かしながら、またインストラクターから指導を受けながら、自分の癖に気づき、それを直そうとしないと、心も身体も整いません。

このように、普段の生活でも自分の考えや言動が間違っていると気づいたら、答えを見つけて正していく努力をしてみてください。言葉遣いや行動を変えていくと、物事が少し前進するはずです。最終的には「自分を知らないと何もできない」というところに行き着くでしょう。

・実は自分はとても打たれ弱かった

・こんなことができなかった

・こんなことが得意だった

・こういう時、自分はこんなふうに感じる

このように、まずは「自分を知る」ということが始まりの第一歩なのです。

人の話をなかなか聞けない
自分の「意識」に気づく

Ce8584caa87b83056d8df2099041ae51e7a37d9b

生徒さんにさまざまなことを教えていると、「人は人の話を聞くということが、どれだけできないか」ということによく気付かされます。

例えば、「こうしてください」と決まりごとをお伝えしても、何も覚えていないという人がいます。人から注意をされたり、自分の言動をフィードバックされても、大人になればなるほどなかなか素直に聞けないものなのですね。

よく「脳は自分の都合の良いようにしか覚えない」と言いますが、本当にその通りだと思います。自分が違っていたことに気づいても、脳は自分の都合の良い方に働いてしまう傾向があるようです。だからこそ、繰り返しの訓練が必要なのです。

そのため、当アカデミーでは、2年間のカリキュラムを終えても、さらにモチベーションを高めたい方にはカリキュラムを学び直せる仕組みも用意しています。同じことを繰り返すことで、ようやく自分の癖に気づけることを知ってほしいです。

自分の癖を直そうと意識することが出来るようになると、人からの注意が聞けるようになるのです。それを頭に入れて生活してみましょう。

人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
Mt.Fuji photographerの成瀬亮さん。彼はどこにでもいる普通のサラリーマンだったが、4年前に山中湖で「富士山」を目の当たりにして人生が変わ...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
旅には、人生が凝縮されています。
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
私は両親と早くに離別し、小学生の頃から炊事や洗濯などの家事を全部一人でやって暮らした。当然、経済的には底辺で、食べ物も満足に手に入らなかった。そんな非常に...
嫌なことがあった次の日は、朝から憂鬱な気分に陥りがち。だけれど、本当は、新しい気持ちで1日を始めたいものです。そんなあなたに贈りたい、自分を奮い立たせる言...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
「Elite Daily」のCaitlin Drownさんが今回綴るのは、住む場所を変えることによるメリット。でもこれって、人生を変えたいと思う時に、もっ...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
次何が起こるか予測できないのが「人生」。思いがけず職を失ったり、愛する人との別れが訪れたり。うまくいかないことが続く時もあるでしょうが、それを「チャンスに...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...