不器用な自分からの脱却。売れっ子通訳者の人生を変えた「実感」。

人生に「変化」を求めるとき、行動を起こすことは重要です。自ら動かなければ、結局何も始まりません。

学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)の筆者、田中慶子さんがその人。

彼女の人生を変えたアクションこそ、留学。ではいかにして成功を収めたのか、高校時代から現在に至るまでのエピソードをかいつまんでご紹介。悩んでいるすべての人にきっかけを与える彼女の声に耳を傾けてみませんか。

単身留学は、現実逃避だった

E41001918525da4c39fa75828e681c5cb833619f

私(著者)が海外に飛び出したことで得た大きな収穫は、マイノリティーの経験ができたことだと思います。「言葉が通じない」、「自分の常識は相手の常識ではない」、「自分が普通だと思っていることが相手の普通ではない」、そういう経験をアメリカでしたことで常に物事を違う角度から見るクセがつきました。

英語を学んだ経緯を聞かれた際、高校を卒業して単身アメリカに渡り、紆余曲折を経て現地で大学に進学した……と、かいつまんで話すと「たいへんな行動力ですね」とか「勇気がありますね」と言われます。

なんだかとてつもない違和感を感じます。英語も話せないのに、ひとりで海外生活をすることを選んだのは、突拍子なく、見方によっては勇気ある行動に見えるかもしれません。でも、私は行動力や勇気があったから海外に行ったのではなく……いま思えば、逃げ出したのだと思います。 

不器用だった自分
自国で感じるマイノリティー

29db1b33ae33d82a5f502b44dd17a69c09fe12de

子どもの頃から、自分が納得する前に大人たちが無条件で与えようとする「正しさ」が苦手でした。意味のわからないルールを押しつけてくる先生も、押しつけられたルールや価値観におとなしく従うフリをする友達も大っ嫌いでした。

彼らは、みんな役割を果たすことを上手にやっているけれど、本当に納得して自分の意思で行動しているようには見えなかったのです。そこにすごく違和感があったし、自分はそうなりたくなかった。人と同じであろうと、違っていようと、自分が正しいと思うことを自分で決めたかったのです。だから、自分で決める前に「正しいこと」を押しつけられる環境が、窮屈で仕方ありませんでした。

それでも私は、周りが押しつける「正しいこと」を無条件で選択できず、受け入れたフリをしてうまく立ち回ることのできない不器用な自分に劣等感を感じていました。

そうして負け続ける自分に耐えられなくなったから逃げたのです。「ここではない、どこか」にいつも行きたかったのは、「みんなの当たり前」が「自分の当たり前」ではないことの居心地の悪さから逃れたかったからでしょう。

私は自分の国にいながら、ある意味マイノリティーでした。自分が「普通」にしていると、周りの人たちと違ってしまいます。でもあえて周りに合わせることもせず、居心地が悪くなっても、自分の意思で考えて決めるという選択は変わりませんでした。

だから自分が大多数と違っても良いと思っていたけれど、居心地の悪さは常にあったのです。

「実感」こそ財産
渡航しての変化

海外で正真正銘のマイノリティーになったとき、なんとも言えない居心地の良さを感じたのは、日本での「マイノリティー経験」のおかげかもしれません。初めてアメリカに行ったとき、「He is different(彼は人と違っている)」という表現を褒め言葉で使っているのを聞いて驚きました。日本で「人とは違う=変わっている」と言われたら、ほとんどの場合はネガティブな意味だったからです。そして私は「変わっている」とよく言われる子でした。

それが、アメリカでは「変わっている」ということが、必ずしも「悪い」ことではなく「個性」として自然に受け入れられていたのです。ここでは人と違っていても、自分で決めて、表現したり行動して良いと自由になった気がした……。言葉が通じない不自由さはあったけれど、初めて訪れた異国の地で、日本では味わったことのない開放感を感じました。人は皆同じではないけれど、違っても良いのです。違っていてもお互い理解し合うことはできるのだと思ったら、嬉しくてたまりませんでした。

「知っている」ことと「実感する」ことは違います。だから私は「留学しようかな」と相談されたら、「とにかく行け」と言うことにしています。費用対効果とか、留学したら就職に役立つとか、そんなことでは測れないほどの収穫があると思うのです。そういう意味では、留学で得るものの中で、語学力などは副産物でしかないのでしょう。

知らなかった世界を知る

子どもの頃から周囲になじめず、「ここではない、どこか」にいつも憧れていた私が、本当に知りたかったことは、「自分の違和感の理由」だったのではないかと感じています。

高校で不登校になり、本格的なダメダメちゃんになった私は海外に逃げました。その頃は、日本の生活に疲れて窮屈さのタンクが満タンを越えて破裂しそうだった……。いや、実際のところ破裂していたのかもしれません。どうしようもない劣等感と破裂するくらいの勢いがなかったら、小心者の私が、後先考えずに海外へ飛び出すことなどできなかったでしょう。

飛び出した後は、目の前のことをひとつずつやってきました。大きな目標や夢があったわけではありません。それでも、一歩踏み出したら、それまでとはまったく違う景色が見えることは経験から実感していました。

私の場合は英語だったけれども、自分が見たことのない世界を見せてくれるものなら、宇宙工学でも文学でも運動でもなんでもいいと思います。自分が知らなかった世界を見ることで、違う価値観を持つ人と出会い、育つ過程で与えられた価値観を見直し、自分の生き方を確立できます。そのときに関心を持つ「知らなかった世界」は人それぞれだろうし、必要なスキルも選ぶ道によって違うのでしょう。

89caa9a67f159289a718c5b12e8d76c98e4e5a6b

「訳せない言葉」との向き合い方

母国語ではない言語というツールを手に入れることは、その言語を使う人とつながることです。その言語の成り立ちを知ることで、その背景にある文化や習慣や思考回路を垣間見ることだと思います。

通訳するときは文脈やその場で伝えたいことで適切な言葉を選びますが、稀に「訳せない言葉」に出会うことがあります……例えば「エキサイティング」や「コミュニティー」という英語の言葉にピッタリくる日本語の単語はいまだに見つかりません。

言語というのは、その言葉が使われている文化と切り離すことができないのです。状況や人によってその言葉に対する語感やイメージも異なります。どんなに素晴らしい辞書があったとしても、すべての単語を違う言語で完璧にマッチする言葉に置き換えることなど絶対に不可能なのです。だから、通訳は文脈に合わせて聞いている人の理解度に合わせ、状況に応じて「場」を読みながら適切な言葉を選ぶしかありません。

そして、この「訳せない言葉」にこそ、自分が持っている常識や価値観では理解しきれない世界があるように思えて仕方ないのです。

女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
Microsoftが年内に、傘下にあるSkypeの同時通訳サービスを開始するそうだ。これは米ITメディアの会合で米Microsoftが明らかにしたものだ。...
この女子高性たち、何か秘密があるのだそうです。なんだと思いますか?12人いるようですが、どこからどう見てもふつうの女子高生。キュートな。ふつうの。女子高生...
クラウドソーシングとクラウドファンディングが連携した、まったく新しいプロジェクトをご紹介。なんでも、両者を掛け合わせることで痴漢被害の減少に取り組もうとい...
門出の季節にぜひ見て欲しい動画を紹介します。じつはこれ、今からちょうど一年前、全米で話題と感動をさらった女子高生の物語。卒業パーティーのはずがなぜか爆買い...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
米国メイン州の刑務所に収容されている受刑者たち。彼らのポートレートを撮り続けているのは、フォトグラファーのTrent Bell。普段は、商業建築物の分野で...
「コトバの壁さようなら」との謳い文句で発表された翻訳デバイス「ili(イリー)」が話題です。PR動画では、外国人男性が製品を使って次々と日本女性に声をかけ...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
クラスの中心に立っているような人気者って、羨ましいことにどのコミュニティに行っても目立って愛されている。そういう人が社会に出ても成功するんだろうなあ……と...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)として、25年間トップを走り続けてきた里岡美津奈さん。それができたのは「感情が安定していたから」と言う彼女の書籍『いつ...
ある日、カリフォルニア州ホリスターにあるSan Benito高校に、女子生徒だけでなく、男子たちもオフショルダーを着て登校しました。学校への抗議の意味もあ...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
シリコンバレーの有力企業が能力向上トレーニングに取り入れる「マインドフルネス」がビジネスの現場で注目を集めています。このマインドフルネスを教える大人の学校...